ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


PSYCHEDELIX / PSYCHEDELIX 90年代のChar

90年代のCharの音

 これまでのJOHNNY, LOUIS & CHAR、PINK CLOUDとは異なる音。PINK CLOUDはトリオで音の隙間を出す感じのトラディショナルなロックな感じですが、PSYCHEDELIXはジャズ寄りの音。
 
 ギターもそれまでのPINK CLOUD系な音よりも少し柔らかい感じの印象があります。プレー自体は変わらずでリズミカルなカッティングを活かしたバッキングが印象に残ります。アンプで軽くドライブさせてコーラスを入れた音。

 ベースがフレットレスベース。フレットレスの独特な丸い音がジャズ感を出しています。

 ドラムがスネアの音が特徴あり。スコンと抜けるスネアでギターのカッティングとマッチしてノリノリになります。

 楽曲もPSYCHEDELIXではポップにまとめた感じの曲が多く、とても聴きやすい。
 1曲目のMOVE ONはギターのアルペジオのイントロからサビの伸びのあるヴォーカルが印象的。2曲目のLet Me Try Your Shoes onではカッティングのバッキングとスネアが曲全体をドライブさせてノリノリになります。
 それ以降もノリノリのインスト曲もあったり大人のバラードなどもあったりで、東京の大人の夜のようなアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー