JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Fair Warning / Rainmaker チャレンジ作

スカイギターを堪能

 FairWarningのセカンド。ファーストと比べると音がシンプルになった気がします。前作はスタジオで作り上げた感じの音でしたが今回はシンプルでLive感が出た感じ。基本的なスタンスは前作通りですが長めの曲だったりダークな印象の曲が入っていたりと少しチャレンジな感じの曲も含まれていますが、全体的に品良くまとめられています。

 耳に残るのがスカイギターの高音フレーズ。このアルバムからスカイギターのハイフレットを活かしたソロが目立つように。今やすっかりこのバンドの看板的になったギターフレーズがこのアルバムから。

 1曲目のStars and The Moonはミドルテンポのヘビーなナンバー。メロディ的には1st通りの聞いていて安心する感じ。アウトロのギターソロではスカイギターを活かしたピロピロフレーズが。

 4曲目The Heart of Summerは安心の爽やかな曲。
 5曲目のDon't Give upも印象的な曲。らしくないイントロから始まるがAメロに入るといつもの感じに戻りBメロからサビでFairWarningだと確信する。 

 11曲目のBURNING HEARTはこのアルバムのキラーチューン。サビのメロディが大好きです。クサいメロディなのですがそこが良いんですよね。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利