ANGRA / Fireworks 民族要素減る

イメージ
セカンドでクラシカル要素が減り、今回のサードでは民族要素が減り正統派なメタルというか欧州的なメタルに。
 メタルっぽいという視点では4曲目のMETAL ICARUSでしょうか。疾走系ですがジャーマンメタル+クラシカルな雰囲気でもなく普通のメタルな感じ。イントロのリフがカッコ良い。
 また雰囲気良いのがGENTLE CHANGE。イントロのアコギから始まる優しい感じがよくまとまった聞きどころのある曲。


Fair Warning / Rainmaker チャレンジ作

スカイギターを堪能

 FairWarningのセカンド。ファーストと比べると音がシンプルになった気がします。前作はスタジオで作り上げた感じの音でしたが今回はシンプルでLive感が出た感じ。基本的なスタンスは前作通りですが長めの曲だったりダークな印象の曲が入っていたりと少しチャレンジな感じの曲も含まれていますが、全体的に品良くまとめられています。

 耳に残るのがスカイギターの高音フレーズ。このアルバムからスカイギターのハイフレットを活かしたソロが目立つように。今やすっかりこのバンドの看板的になったギターフレーズがこのアルバムから。

 1曲目のStars and The Moonはミドルテンポのヘビーなナンバー。メロディ的には1st通りの聞いていて安心する感じ。アウトロのギターソロではスカイギターを活かしたピロピロフレーズが。

 4曲目The Heart of Summerは安心の爽やかな曲。
 5曲目のDon't Give upも印象的な曲。らしくないイントロから始まるがAメロに入るといつもの感じに戻りBメロからサビでFairWarningだと確信する。 

 11曲目のBURNING HEARTはこのアルバムのキラーチューン。サビのメロディが大好きです。クサいメロディなのですがそこが良いんですよね。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー