Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Fair Warning / Rainmaker チャレンジ作

スカイギターを堪能

 FairWarningのセカンド。ファーストと比べると音がシンプルになった気がします。前作はスタジオで作り上げた感じの音でしたが今回はシンプルでLive感が出た感じ。基本的なスタンスは前作通りですが長めの曲だったりダークな印象の曲が入っていたりと少しチャレンジな感じの曲も含まれていますが、全体的に品良くまとめられています。

 耳に残るのがスカイギターの高音フレーズ。このアルバムからスカイギターのハイフレットを活かしたソロが目立つように。今やすっかりこのバンドの看板的になったギターフレーズがこのアルバムから。

 1曲目のStars and The Moonはミドルテンポのヘビーなナンバー。メロディ的には1st通りの聞いていて安心する感じ。アウトロのギターソロではスカイギターを活かしたピロピロフレーズが。

 4曲目The Heart of Summerは安心の爽やかな曲。
 5曲目のDon't Give upも印象的な曲。らしくないイントロから始まるがAメロに入るといつもの感じに戻りBメロからサビでFairWarningだと確信する。 

 11曲目のBURNING HEARTはこのアルバムのキラーチューン。サビのメロディが大好きです。クサいメロディなのですがそこが良いんですよね。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー