Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Cacophony / Speed Metal Symphony 東洋的とクラシカルなメロディ

東洋的なメロディとクラシカルなメロディ

 マーティーフリードマンとジェイソンベッカーの2枚看板のバンド。87年でマーティーさんがメガデスに加入する前に組んでいたバンド。

 二枚看板の高速リードが売りです。マーティさんの東洋的なメロディとジェイソンベッカーのクラシカルなフレーズの対比が結構面白い。

 アルバム最後のタイトル曲 Speed Metal Symphonyで2人のキャラの違いが堪能できます。東洋的な泣きの入った点で突くようなフレーズとジェイソンベッカーの西洋的クラシカルな速弾きでの線のアプローチ。
 この曲は10分弱ありますが構成も大曲的で展開も素晴らしく飽きません。クラシカル的な大きな振りの出だしから高速のツインリード。
 落ち着いてロングトーン中心のタメが効いたメロディプレーズ。
 ドラムのビートが聞いてからクラシカルなコード感を活かしたフレーズからベートーベンの運命のようなフレーズ。
 その後アップテンポになりツインリード。
 このまま盛り上がるかと思いきや演歌に!!

 ギターは聞き応えがあります。

 アルバムとしては2枚看板のおかげで他が弱く感じる。ドラムもベーズも地味ですし何よりヴォーカルが弱い。

 とにかくギターを聞くためのアルバム。ジェイソンベッカーには治ってほしいな



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー