Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

David Lee Roth / Skyscraper これも良い出来

落ち着いたがよく練られた1枚

 中古屋などでたまに投げ売りで出されていたりしますが良くまとまった1枚。前作と同様にギターがSteve VaiでベースがBilly Sheehanのハイテクコンビ。
 前作ほどの強烈な個性やハイテクはなく、正直なところインパクトでは完全に前作に軍配が上がりますが、良く聞くと地味なところで巧さが光る1枚。

 1曲目のKnuckleboneなんてご機嫌なロック。まずイントロのギターが巧い。こういうフレーズをこういうトーンで弾くってのは難しいんですよね。バッキングもうまくヴォーカルに溶け込むようなミュートしながらのアルペジオを挟んだり。間奏は転調して完全にSteve vaiな感じ。
 2曲目のJust Like Paradiseは壮大なギターリードがあるので雄大なヴォーカルメロディが際立ちます。
 
 全体的にSteve vaiのギターを前面に出した感じでVaiの滑らかなギタートーンとハスキーなシャウトがうまく住みわけられて良いまとまりになっています、
 対してベースは少し地味に淡々と弾いている感じ。

 楽曲的にもSteve Vaiは感じが前面に出ていてVaiのアルバムで聴けるような進行がアプローチがあります。
 楽曲やプレー、各自の個性などがうまくバランスしたロックアルバムでありポップアルバムでありエンターテイメントな感じです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー