GARY MOORE / AFTER HOURS ギターは良い。

イメージ
Still Got The Bluesに続くブルーズ2作目。前作ほどブルーズな感じはなくホーンセクションだったり女性コーラスだったりと骨太なブルーズというよりは大きなホールの大御所バンドのよう。こういう派手さは好き好きがあるとしてギターは素晴らしい。1曲目のCOLD DAY IN HELLから独特のタイム感のあるチョーキング。前作のStill Got The BluesのようなキラーチューンはないもののStory of The Blues とかSEPARATE WAYSなどエモーショナルなギターが聴ける曲があり。


Cacophony / Go Off !  変わらないツインリード

変わらずにツインリード

 88年のCacophonyのセカンド。Speed Metal Symphonyで見せた高速ツインリード。この方向性は変わらず、もっと密度の濃いアルバムとしてミドルに集中させたような作りになっています。音質的にという意味ではなく感覚的に。なんというかスラッシュ的な密度感というかそういった感じの音に。

 ギターとしては変態度が増した感じ。Steve Vaiなんかも変態な感じがしますが、Steve vaiは知的な変態。こちらはえげつない変態。

 この後、マーティーさんはメガデスに。ジェイソンベッカーはダイヤモンドデイブのバンドに入りますが、こちらでは2人ともそれほど変態感は出ていないのを見るとGo Offでは何かが振り切れたのでしょうか。

 とにかくギターを聞くためのバンド。他のパートはいらない。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー