LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


Orianthi / Heaven in This Hell ブルーズ色濃い1枚に回帰

ファーストに回帰

 前作セカンドはポップなガールズロックなアルバムになっていましたが、今回はどちらかというとファーストアルバムのブルーズな雰囲気に回帰した感じでしょうか。その分楽器をやっていない方などには少し退屈かもしれないです。

 重心が低めの骨太な感じで売れ線の音ではないのですがギターの音が心地よいです。少し歪みすぎでもっとGainを下げても良いかなとも思いますが、ピッキングの具合と左手の押弦の感じが良いです。左手で弦を絞り出して音を出しているような感じが官能的で聞き入ってしまいます。

 合わせてヴォーカルもより官能的になって良い感じに。楽曲的に70年代風な曲が目立つ感じで、特に1曲目のHeaven in This Hellなんて楽器陣のブレイクを埋めるヴォーカルがツヤがあって色がある感じです。

 全体的にこなれてきた感じもあってアルバムのまとまり感なんかもアップしていて最後まで聴きやすいアルバム。アルバムとしては前作がポップ感を楽しむアルバムだとすれば今回はオリアンティを楽しむアルバムかと。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利