JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Fair Warning / 4 最後まで一気に聞ける

一気に最後まで

 Fair Warningの4枚目。前作でFair Warningの音が完成した感じでしたがアルバム的には後半が少し退屈な感じもあったり。この4枚目で完全にFair Warningが完成した感じがします。
 キラーチューン的な楽曲はないかもしれないのですが、どこを切り取っても前作のAngel of Heaven的な品質。伸びやかな美声と美しいメロディ、スカイギターのリードと求めるものが揃っています。
 音的にはスタジオで作り上げた感じの重厚なバッキングに美声や突き抜けるような高音のリードギターが乗って上と下の両方から攻めてくる感じ。

 このアルバムでバンドは解散なのですが、名盤には変わりがない。細かなことは考えなくても自然と耳に入ってきて心地よい気分になるというのは素晴らしいことです。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利