Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Fair Warning / 4 最後まで一気に聞ける

一気に最後まで

 Fair Warningの4枚目。前作でFair Warningの音が完成した感じでしたがアルバム的には後半が少し退屈な感じもあったり。この4枚目で完全にFair Warningが完成した感じがします。
 キラーチューン的な楽曲はないかもしれないのですが、どこを切り取っても前作のAngel of Heaven的な品質。伸びやかな美声と美しいメロディ、スカイギターのリードと求めるものが揃っています。
 音的にはスタジオで作り上げた感じの重厚なバッキングに美声や突き抜けるような高音のリードギターが乗って上と下の両方から攻めてくる感じ。

 このアルバムでバンドは解散なのですが、名盤には変わりがない。細かなことは考えなくても自然と耳に入ってきて心地よい気分になるというのは素晴らしいことです。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー