ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Fair Warning / 4 最後まで一気に聞ける

一気に最後まで

 Fair Warningの4枚目。前作でFair Warningの音が完成した感じでしたがアルバム的には後半が少し退屈な感じもあったり。この4枚目で完全にFair Warningが完成した感じがします。
 キラーチューン的な楽曲はないかもしれないのですが、どこを切り取っても前作のAngel of Heaven的な品質。伸びやかな美声と美しいメロディ、スカイギターのリードと求めるものが揃っています。
 音的にはスタジオで作り上げた感じの重厚なバッキングに美声や突き抜けるような高音のリードギターが乗って上と下の両方から攻めてくる感じ。

 このアルバムでバンドは解散なのですが、名盤には変わりがない。細かなことは考えなくても自然と耳に入ってきて心地よい気分になるというのは素晴らしいことです。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー