JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


HSAS / Through The Fire 隠れた名盤

1枚限りの

 スーパーパンドって感じでしょうか。ボイスオブアメリカなサミー・ヘイガー、ニール・ショーン、ケニー・アーロンソン、マイケル・シュリーヴというアメリカのロック・ミュージシャン4人が、ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)名義で1984年に発表したアルバム。
 典型的なアメリカンロックな感じで明るく伸びやかな音。サミーヘイガーのヴォーカルもニールショーンのギターも完全にそっち方向。

 アルバムの印象としてはニールショーンのギターがとにかくロックしています。サンタナでもジャーニーでもなくHSASです。ニールショーンのギターソロはジャーニーなどでも聞ける通り、1回し目はヴォーカルのメロディーを発展させた感じのロングトーン多めのプレーで、2回し目は1回し目の印象を残しつつ音符を詰め込む感じ。このソロの組み立ては印象が残るし曲としての一体感が出て良い感じ。

 キラーチューンとしては2曲目のMissing Youと6曲目のWinter Shade of Paleでしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利