VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつ、TSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じ。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音。Jan Rayはレンジが広くて立体感のある上品でおしゃれな音。  良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。

 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

D.T.R / DIRTY TRASHROAD マイナーだけどアメリカンな1枚

これまでとは印象の違う1枚

 元XのTAIJIがLOUDNESSを脱退したあとに結成したバンド。これまでの音とは大きく異なるアメリカンな感じのアルバムです。

 ヴォーカルの竹内光雄の存在感も大きいかと。低音の野太い声だったりAC/DCのような金切り声だったり様々な表情を見せます。
 楽曲も様々。ツインリードを活かした曲があったりアコースティックな曲、パワーメタル的な曲。1枚聞いているとあっという間に最後まで。ジェットコースターのように一気に最後まで行く感じ。

 オープニングSE的に始まる1曲目に続いて2曲目のSHAKE MOREはヘビーなリフでアルバムが始まり、スピードナンバーのI DO。
 3曲目のCYBERNETIC CRIMEまで一気に駆け上がります。3曲目ではAメロのベースの8ビート感がカッコ良い。プレー的には単純なんですがセンスがいりますよね。間奏のギターソロではツインリードを活かした印象的なプレー。

 中盤はクールダウンして4曲目のEMPTY ROOM。アコースティックな曲。開放弦を使ってルート音を下降させながらアルペジオ。ギタリストのアイディアですね。
 SO WHATで16ビートなファンクな感じを聞かせて、DIRTY WINNERでAC/DC的な8ビート。

 後半は徐々にパワー感が戻ってくると。SIDE BY SIDEでアコースティックなイントロからパワーリフ。BE FREEでスライドギターがフューチャーされて、DUEL BEASTでパワー全開。

 1曲1曲もコンパクトで分かりやすくまとまっていて、アルバム全体としても緩急のついた最後まで聴ける1枚。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利