2016年7月9日土曜日

D.T.R / DIRTY TRASHROAD マイナーだけどアメリカンな1枚

これまでとは印象の違う1枚

 元XのTAIJIがLOUDNESSを脱退したあとに結成したバンド。これまでの音とは大きく異なるアメリカンな感じのアルバムです。

 ヴォーカルの竹内光雄の存在感も大きいかと。低音の野太い声だったりAC/DCのような金切り声だったり様々な表情を見せます。
 楽曲も様々。ツインリードを活かした曲があったりアコースティックな曲、パワーメタル的な曲。1枚聞いているとあっという間に最後まで。ジェットコースターのように一気に最後まで行く感じ。

 オープニングSE的に始まる1曲目に続いて2曲目のSHAKE MOREはヘビーなリフでアルバムが始まり、スピードナンバーのI DO。
 3曲目のCYBERNETIC CRIMEまで一気に駆け上がります。3曲目ではAメロのベースの8ビート感がカッコ良い。プレー的には単純なんですがセンスがいりますよね。間奏のギターソロではツインリードを活かした印象的なプレー。

 中盤はクールダウンして4曲目のEMPTY ROOM。アコースティックな曲。開放弦を使ってルート音を下降させながらアルペジオ。ギタリストのアイディアですね。
 SO WHATで16ビートなファンクな感じを聞かせて、DIRTY WINNERでAC/DC的な8ビート。

 後半は徐々にパワー感が戻ってくると。SIDE BY SIDEでアコースティックなイントロからパワーリフ。BE FREEでスライドギターがフューチャーされて、DUEL BEASTでパワー全開。

 1曲1曲もコンパクトで分かりやすくまとまっていて、アルバム全体としても緩急のついた最後まで聴ける1枚。



0 件のコメント:

コメントを投稿