Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



D.T.R / DIRTY TRASHROAD マイナーだけどアメリカンな1枚

これまでとは印象の違う1枚

 元XのTAIJIがLOUDNESSを脱退したあとに結成したバンド。これまでの音とは大きく異なるアメリカンな感じのアルバムです。

 ヴォーカルの竹内光雄の存在感も大きいかと。低音の野太い声だったりAC/DCのような金切り声だったり様々な表情を見せます。
 楽曲も様々。ツインリードを活かした曲があったりアコースティックな曲、パワーメタル的な曲。1枚聞いているとあっという間に最後まで。ジェットコースターのように一気に最後まで行く感じ。

 オープニングSE的に始まる1曲目に続いて2曲目のSHAKE MOREはヘビーなリフでアルバムが始まり、スピードナンバーのI DO。
 3曲目のCYBERNETIC CRIMEまで一気に駆け上がります。3曲目ではAメロのベースの8ビート感がカッコ良い。プレー的には単純なんですがセンスがいりますよね。間奏のギターソロではツインリードを活かした印象的なプレー。

 中盤はクールダウンして4曲目のEMPTY ROOM。アコースティックな曲。開放弦を使ってルート音を下降させながらアルペジオ。ギタリストのアイディアですね。
 SO WHATで16ビートなファンクな感じを聞かせて、DIRTY WINNERでAC/DC的な8ビート。

 後半は徐々にパワー感が戻ってくると。SIDE BY SIDEでアコースティックなイントロからパワーリフ。BE FREEでスライドギターがフューチャーされて、DUEL BEASTでパワー全開。

 1曲1曲もコンパクトで分かりやすくまとまっていて、アルバム全体としても緩急のついた最後まで聴ける1枚。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足