Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



Winger / Pull 雰囲気変わりました。

1st、2ndの都会的な感じから

 生々しい感じの音に変わりました。これまではどちらかというと作り込まれた感じの音になっていましたが生々しくツヤのある雰囲気に。

 音としてはキーボードがなくなったのが大きいでしょうかギターが前に出る感じになりました。どちらかというとこれまではキーボードとのコンビネーションでバッキングやリフを表現していたためギターは一歩後ろにいたり味付け的に入っていることも多い印象でしたが今回はギターのリフになっている感じです。
 またアコースティックな感じも多く入れつつ緩急を多く表現した感じ。

 曲的にもダンサブルな躍動感ある感じは少なくなって骨太な感じになりました。

 きっと1st派と3rd派の好みの分かれるところ。個人的には両方ありだと思います。

1曲目から戸惑うかも

Blind Revolution Mad
アコースティックで寂しげな出だし。徐々にエモーショナルに盛り上がるヴォーカル。テンション上がった頃にバンドが始まると。アルバムの締めに存在していても良い佳曲。

Junkyard Dog
このアルバムを象徴するかのようなヘビーなリフ。これまでWingerにはない曲調。8ビートのザクザクしたギターリフにはKip Wingerの歌が合わないのかなと思いつつ聞くとBメロにアルペジオから雰囲気が変わりサビの特徴的なメロディ。これは名曲。

Who's The One
アコースティックバラード。Wingerらしい名曲。壮大に歌い上げるメロディがサミーヘイガー的なアメリカっぽさを感じます。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足