JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Winger / Pull 雰囲気変わりました。

1st、2ndの都会的な感じから

 生々しい感じの音に変わりました。これまではどちらかというと作り込まれた感じの音になっていましたが生々しくツヤのある雰囲気に。

 音としてはキーボードがなくなったのが大きいでしょうかギターが前に出る感じになりました。どちらかというとこれまではキーボードとのコンビネーションでバッキングやリフを表現していたためギターは一歩後ろにいたり味付け的に入っていることも多い印象でしたが今回はギターのリフになっている感じです。
 またアコースティックな感じも多く入れつつ緩急を多く表現した感じ。

 曲的にもダンサブルな躍動感ある感じは少なくなって骨太な感じになりました。

 きっと1st派と3rd派の好みの分かれるところ。個人的には両方ありだと思います。

1曲目から戸惑うかも

Blind Revolution Mad
アコースティックで寂しげな出だし。徐々にエモーショナルに盛り上がるヴォーカル。テンション上がった頃にバンドが始まると。アルバムの締めに存在していても良い佳曲。

Junkyard Dog
このアルバムを象徴するかのようなヘビーなリフ。これまでWingerにはない曲調。8ビートのザクザクしたギターリフにはKip Wingerの歌が合わないのかなと思いつつ聞くとBメロにアルペジオから雰囲気が変わりサビの特徴的なメロディ。これは名曲。

Who's The One
アコースティックバラード。Wingerらしい名曲。壮大に歌い上げるメロディがサミーヘイガー的なアメリカっぽさを感じます。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利