2016年6月6日月曜日

Raw Vintage トレモロスプリング 交換してみた

簡単だけど大きな変化

 以前、なんとなく興味を持って買ってきたもの。Xotic Raw Vintage Tremoro Spring。文字通りストラトタイプのブリッジを固定するスプリングの交換パーツ。メーカーの文句によるとVintageストラトのような太くてコシのあるFatなトーンになるとのこと。5本もしくは4本掛けが前提でピッチも安定するとか。
 半信半疑なところもありますが、値段も手頃ですし試してみました。

(見た目はニッケルな感じでVintageっぽいです)

質感

 スプリング自体は柔らかめで、そして少し短い感じでしょうか。アーミングの感覚としてはオリジナルにありがちな固めのスプリング3本とこれの4本というのが同じくらいな感じでしょうか。5本にするとアームダウン時の戻りは良くなりますがアームダウンの抵抗感はそれほど大きくなった気はしません。5本掛け前提というのがわかります。

音の変化

 明らかに音が違います。取り付けたのはFenderのAmerican Standardです。当たり前なのですが裏のスプリングが振動して音が出ますので。印象として大きく違うのがリバーブ感が強くなったというかシュワーンという感じが増えました。このリバーブ感がストラトの良さですが、これが強く出るようになりました。またどちらかというとこのリバーブ感が低音にも効く感じで、実音が太くなったようにも感じます。

 固めのスプリングだと強めに弾いた時に頭を押さえつけられるような感じがありますが、このスプリングはそんなこともなくしなやかに伸びて行く感じです。

チューニング

 実は音よりもこれを狙っていました。アーミング時のチューニングの不安定な要因ってスプリングにあると思います。アームダウンを戻した時にちゃんと元の位置までブリッジが戻らないとチューニングがおかしくなりますが、このスプリングにするとしなやかに戻ってくれます。もちろん5本掛けが前提というのも大きいかもしれませんがアーム操作の前の位置にブリッジが戻るというのは弾いていて安心感が大きいです。
 これだけでも買った効果があります。

総評

 手軽なので是非試してみると良いかと。特にストラトの場合。



0 件のコメント:

コメントを投稿