The Beatles / Abbey Road ロックアルバム

イメージ
後期ビートルズはすっかりロックバンドになっているのが楽しい。1曲目のCome Togatherからカッコ良いリズム隊。また後半のメドレーもすごい。別の曲のメロディが乗ってきてまだ戻って行くあたりのアレンジがすごい。いうまでもない名盤。



Vandenberg / Vandenberg コンパクトにまとまった名盤

コンパクトにまとまった

 82年Vandenbergがオランダで結成したバンド。Whitesnakeに加入する前の出したアルバム。この頃からwhitesnakeの作曲、ギタープレーに通じるものを感じます。

 楽曲的にはコンパクトにまとまって聴きやすい。ともすれば産業ロック的なメロディセンスがあり、起承転結がはっきりした構成。ポップソングのような雰囲気も感じます。
 産業ロック的でありつつも4人構成で余計な音は入っていない。ストリングスがフューチャーされたバラードもない。ストレートなロックのみです。

 ギターは決して派手ではないです。地味ですがプレーも起承転結を押さえたもの。歌に絡むバッキングと抑揚のあるソロ。当時流行ったギターヒーローは何かしらテクニカルな特徴なんかが先行したりしますが、そういうものはないです。ツボを押さえたプレーできっとヴォーカリストは欲しがる感じなのかと。

 個人的にはVandenbergの頃のギタートーンはかなり好きです。レスポール系のストレートな音。エフェクトなどもほとんど使っていない音ですが伸びがあってエモーショナル。ソロではブリッジミュートを効果的に使いながらスリリングさを出しています。

 残念なのが少しヴォーカルが弱い感じがします。ギターがヴォーカルを立てるタイプなのでもっと前に出るタイプの方がマッチしているのかなと。

楽曲

Your Love is in Vain
アルバムの1局目にしては珍しいシャッフルリズムでルーズな感じ。サビに来ると惹きつけるコーラス。

Wait
イントロのアコースティックギターが良い感じ。そこから哀愁ある感じに始まる。間奏にハーモニクスを混ぜつつキーボード的な雰囲気を出しています。

Burning Heart
名バラード。Aメロのアコースティックではハーモニクスをアクセントに使い、サビのディストーションでは白玉弾きでゆったりした雰囲気を。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー