JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Vandenberg / Heading for Storm 会心の出来

ファーストから進化

 Vandenbergのセカンド。ファーストから大きく進化しました。セカンドと比べるとファーストはかなり地味な感じがします。楽曲的にもキラーチューンが入りましたしギタープレーもクラシカルベースのプレーに磨きがかかって。

 ギターはブリッジミュートの音が気持ちが良い。ソロなどでは駆け上がるとき、降りて行くときにミュートで一気に。スケールをそのまま動くことも多いですし特に高そうであるわけでもないのですが絶妙なタイム感でスリリングさが出ています。
 このスリリングな上下運動の後にミュートしないロングトーンが続くわけです。強目のピッキングでヴィブラートを聞かせると一気に泣きのギターになると。

キラーチューン

Friday Night
メジャーキーのイントロリフが気持ちが良い。Aメロでマイナーキーになりつつサビではイントロの展開。ソロではツインリードで印象的なスケールで。

Different Worlds
Vandenbergの魅力の一つってエレキのエモーショナルなプレーも良いのですが、アコースティックの叙情的な感じも大きいと思います。そんな感じを堪能できる名バラード。間奏のアコースティックでクラシカルなソロからディストーションに変わるあたりが秀逸。ブリッジミュートで溜めつつ引っ張る感じが泣きのポイント。

This is War
Kill The Kingのようなイントロで始まる名曲。Vandenbergに求めるものの1つがこのような曲でしょうね。クラシカルなギターソロが良い感じ。ロングトーンの幅広なヴィブラードがこちらも泣きのポイント。

Waiting for The Night
クラシカルなアコースティックから疾走感のある曲に展開。




 

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利