2016年6月4日土曜日

Winger / Karma 復活第2弾のロックアルバム

もうキラキラ感は完全になし

 初期のキラキラ感は完全になくなりました。若い美少年が髭を生やした渋いオヤジになった感じです。雰囲気的には前作のIVの延長ですが、IVのダークな面も維持しつつ楽曲のクオリティが格段に上がった気がします。なんというか前作は淡々としていた感じですがこんかいは躍動感というかテンション感が全く違います。

 ダークで重心低めのギターリフを中心としながらもキャッチーなメロディを乗せてコンパクトに仕上げた曲が多く、耳に残りやすい感じです。そういう意味では歌メロは従来のWingerなのかもしれません。

 ところでKip Wingerの歌い方も初期とはだいぶ異なっています。初期はすっきりとハイトーンを出していた感じなのですが、歪ませてコブシを回した感じに変化しています。まさに美少年からおっさんになった感じ。

 Wingerは初期のキラキラ感がある頃も好きですが、今のWingerも大変カッコ良い。

カッコ良い曲多い

Deal With The Devel
ロックなリフ、間奏前の展開、間奏でのヴォーカルとギターのユニゾンとメロディ的にも構成的にもキャッチーな良い曲。

Stone Cold Killer
1曲目と同様の雰囲気。ブレイク時のギターリードの上昇フレーズがテクニシャンな感じ。

Big World Away
サビのビートを刻んだ楽器隊の上にゆったりしたメロディーが乗る、ブリッジ部のコーラスなんてWingerらしい。

Pull me Under
イントロの上昇フレーズのスケールが特徴的。ロックをしつつも歌のかっこよさが残るサビがカッコ良いしそれに続く間奏のギターソロが機械的なフレーズでまとめられていると。あえてエモーショナルではなく機械的にまとめられた感じがよくマッチ。

Supernova
粘っこい雰囲気の中にこれもねちっこく引っ張るようなヴォーカルがカッコ良い。

 After All This Time
Winger流のブルーズ。コブシの回るヴォーカルが合いますね。

Witness
ヴォーカルとギターが堪能できる曲。

0 件のコメント:

コメントを投稿