Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



Night Ranger / SOMEWHERE IN CALIFORNIA 個人的には完全復活

完全復活

 前作のHoll in The SunではこれまでのNight Rangerとは少し方向が違う感じに出来上がっていました。それはそれでカッコ良かったのですがやっぱりNight Rangerに求めるものはこちらです。

 明るい曲調でキラキラした雰囲気、ついつい口ずさむようなメロディ、サビのハーモニー、ツインボーカルツインギターなど初期からのファンが求めているものが戻ってきた。以前の迷走感や中途半端感がない会心の出来と。
 前作をリリースした後にJeff Watsonが脱退し今作はJeff Watson抜きでのアルバムです。惜しむべきは8フィンガーがないこと。

 無条件に楽しい。天気の良い日曜に聞きたくなるようなアルバム。

捨て曲なし

Growing' Up to California
ご機嫌の1曲目。サビのパワーがすごい。サビのハーモニーがNRファンであれば熱くなる感じ。そのバックのベースの8ビート感が良い。ギターソロの後半にツインリードになりサビに戻るのが盛り上がります。

Let in On Me
キーボード的な音使いのギターからヘビーなリフ。Aメロのツインボーカルな感じがカッコ良い。

Bye Bye Baby
Bメロからサビへのつなぎが印象的。ギターソロのツインギターでJeff Watson的なフレーズが入っているのがご愛嬌か。

Time of Our Lives
NRらしいバラード。サビのメロディが良い。

No Time to Lose Ya
サビのパワーがある。ツインボーカルを活かしたサビ。つなぎを経てツインリードのギターソロ。

Live for Today
間奏バックのベースラインがカッコ良い。ジャックブレイズって良い仕事しますね。

It's not Over
Night Rangerらしい安心感のある曲。

End of The Day
NRらしくないイントロのクリーンギターのアルペジオ。個人的にはDokkenを思い出してしまった。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足