Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



Night Ranger / Big Life 過小評価されている感じですが

過小評価されていますが

 4枚目のアルバム。残念ねがらNRはここから少し停滞期のような感じになって行きますがこのアルバムは音が変化したアルバムだと思います。

 前作でキーボードを前面に出して相対的に細くなったギターの音。全体的にはポップな感じになってギターキッズの興味は引かなかった感じですが、今回は系統はそのままにギターが前に出てきて、ハードロックな感じが戻ってきたようです。
 前作でJack Bladesが「次回はハードになる」と言っていたのがその通りになりました。

 ただ曲自体はポップな感じなのでギターキッズの心を完全に取り戻すにはいかなかったようで、その辺りの評価も含めどっちつかずの過小評価になっているような。

 過小評価と言っても内容自体は良いです。演奏力、楽曲、アレンジなどが高度にバランスされていますしキラーチューンも含まれています。

映画主題歌もあり

Love is Standing Near
柔らかい感じのイントロからロックなAメロ、Bメロでソフトに戻る緩急のあるアレンジも面白い。ギターソロは8フィンガー。8フィンガーというとRock in Americaで聴けるような上昇下降をスピーディーに繰り返すための奏法のように思えますが、この曲のソロのように別の楽器のようなアプローチができます。

The Secret of My Success
ご存知映画の主題歌。ポップでNight Rangerというよりも当時の産業ロックを代表する曲。
別にNight Rangerでなくても良いのではとも思いますが良い曲です。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足