2016年6月20日月曜日

Night Ranger / High Road ご機嫌なロックアルバム

前作同様

安心感のあるNR節。
 最初期の勢いとは違ったものですがどこを区切ってもNight Rangerな感じ。基本的には前作同様にご機嫌なロックにサビのパワーがある楽曲。
 
 ただ前作に比べてしまうとちょっとパンチが足りないというか、悪くないのですが小さめにまとまりすぎた感じがあるかもです。後半が少し退屈になる気がします。
 楽曲的にも明るい感じもありますが、少し悲しげな感じの曲調が多いような気がします。

 でもメンバー皆さんよい年齢になってしまってもこれだけパワー感のある楽曲や演奏を続けられるというのは素晴らしいです。これまで築いたNight Ranger像を崩さずに行くのがよいかと。正直Night Rangerのファンは”あのNight Ranger"を求めていると思うので。

 前作で結構良い感じにはまっていたジョエルが脱退というのは残念。

ご機嫌な曲

High Road
ご機嫌なロック曲。サビはやっぱり安心感のあるNight Ranger。ギターソロはブラッドギルスな感じでまとまっていて美しいですね。

Knock Knock Never Stop
これもご機嫌。間奏のベースラインがスリリングな感じでカッコ良い。

Rollin' On
これはNRには珍しい。イントロのユニゾン的なリフが意外。

I'm Coming Home
NRらしい展開。Aメロ、Bメロ、サビをメジャーキーマイナーキーを織り交ぜつつ展開させてゆく。意外だったのはBメロを聞いている時にサビの出だしはメジャーキーだと勝手に予測していたらマイナーキーで始まって意外につぼった。

X Generation
この曲のイントロはカッコ良い。下降ベースラインが良い仕事しています。このイントロからのAメロがNR的。

St.Bartholomew
NR節。

Brothers
少し悲しげでNRらしくない感じの印象も受けます。



0 件のコメント:

コメントを投稿