Suhr Shiba Drive レビュー こいつは優等生

イメージ
Riotの方が人気がありますが 新しくオーバードライブペダルを仕入れてみました。

 個人的にハズレはないと思っているSuhrのペダル。
 世の中的にはRiotの知名度の方が高いようで自分も最近はRiotをメインにしていますが、以前から気になっていたオーバードライブも購入。


音はどうか?  基本はTS系オーバードライブなんでしょうか。DriveもToneもどの位置にしても使える音で優等生。  TSと比較すると適度にローが残っているのが印象的。TSだとローがバッサリなくなるしLeqtiqueのMaestosoなどはギターによってはローが出すぎて締りがなくなる感じもありますが、これはその中間のちょうど良い感じ。  併せてハイのキンキンする耳障りな部分も落としてくれるのでスッキリとマイルドな歪みに。
 マーシャルでクランチを作ってブースターとして使うとこれまた上品な音。と、いうかどこかで聞いたことのある音。具体的に「どこか」「誰か」」ではなく漠然とよくある音。
 この辺りはRiotはやっぱりRiot的なクセはあるように思いますので、より汎用的かなと思います。

SMOOTHスイッチ  miniになってスイッチは2通りになりました(右か左か)。  個人的には右一択。  左はハイが落ちる感じがするのでザクザク感がなくなる感じ。普通にロックな感じであれば右の一択かなと。
総評  おそらくどこで使ってもどういうセッティングでも「どこかで聞いたことのある音」
 ハズレがないので信頼できますが悪くいうと冒険がない感じがします。この辺りをどう捉えるかで個人の評価は変わってくるかなと思います。  ・ほとんどが三振だがたまにホームランのペダル  ・ホームランは出ないが安定してヒットが出るペダル
どちらが良いか?については安定ヒットを選ぶかな。何よりコンパクトだし。



Night Ranger / High Road ご機嫌なロックアルバム

前作同様

安心感のあるNR節。
 最初期の勢いとは違ったものですがどこを区切ってもNight Rangerな感じ。基本的には前作同様にご機嫌なロックにサビのパワーがある楽曲。
 
 ただ前作に比べてしまうとちょっとパンチが足りないというか、悪くないのですが小さめにまとまりすぎた感じがあるかもです。後半が少し退屈になる気がします。
 楽曲的にも明るい感じもありますが、少し悲しげな感じの曲調が多いような気がします。

 でもメンバー皆さんよい年齢になってしまってもこれだけパワー感のある楽曲や演奏を続けられるというのは素晴らしいです。これまで築いたNight Ranger像を崩さずに行くのがよいかと。正直Night Rangerのファンは”あのNight Ranger"を求めていると思うので。

 前作で結構良い感じにはまっていたジョエルが脱退というのは残念。

ご機嫌な曲

High Road
ご機嫌なロック曲。サビはやっぱり安心感のあるNight Ranger。ギターソロはブラッドギルスな感じでまとまっていて美しいですね。

Knock Knock Never Stop
これもご機嫌。間奏のベースラインがスリリングな感じでカッコ良い。

Rollin' On
これはNRには珍しい。イントロのユニゾン的なリフが意外。

I'm Coming Home
NRらしい展開。Aメロ、Bメロ、サビをメジャーキーマイナーキーを織り交ぜつつ展開させてゆく。意外だったのはBメロを聞いている時にサビの出だしはメジャーキーだと勝手に予測していたらマイナーキーで始まって意外につぼった。

X Generation
この曲のイントロはカッコ良い。下降ベースラインが良い仕事しています。このイントロからのAメロがNR的。

St.Bartholomew
NR節。

Brothers
少し悲しげでNRらしくない感じの印象も受けます。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足