ESP TH-200M ちょうど良い大きさ

イメージ
BOSS WL-20のホルダーを求めて もう2年くらい使っているBOSSのワイヤレスシステム。安くて安定していて音も不自然なくとても良いのですが、やっぱりギターから直接生えている感じは見た目的にいただけない。  そのため当初から短いシールドとフォーンプラグの延長用のコネクタを使って他のワイヤレルのようにストラップに付けたい。
 課題になるのはワイヤレス送信機ホルダー。  ギターに直接挿すのが基本でしょうから純正品や専用品は出ていない模様。何かで代替するほかないと。  当初使っていたのはホームセンターで売っていたドライバーなどをベルトにつけるもの。これな内容的には良かったのですが、サイズが大きかった。小さいワイヤレス送信機に対して存在感ありすぎた。
ESPのホルダーを買ってみた 調べるとESPから小さめのホルダーが出ている様子。割とお手頃な値段で売っていたので買ってみた。 (皮製でしっかり)
 ポイントは送信機を包み込むように包んでゴム製の輪っかで縛る。なので特定の製品専用ではなく汎用的に様々な大きさに使える感じ。

(WL-20を包んだところ)

 WL-20の送信機はかなり小型なので、包むには縛っている輪ゴムを二重に巻く必要があります。これでも多少大きさに余裕はありますが隙間から抜け落ちたりするような感じもなく、安定感もあると。  ちょうどよく下部にある穴かフォーン延長コネクタを通すことができデザイン的にも良い感じ。
 とても小さく目立たなくなったワイヤレス送信機ホルダー。これでしばらくは使ってみようか。どうせならBOSSで純正品を出してくれれば良いのに。


Night Ranger / High Road ご機嫌なロックアルバム

前作同様

安心感のあるNR節。
 最初期の勢いとは違ったものですがどこを区切ってもNight Rangerな感じ。基本的には前作同様にご機嫌なロックにサビのパワーがある楽曲。
 
 ただ前作に比べてしまうとちょっとパンチが足りないというか、悪くないのですが小さめにまとまりすぎた感じがあるかもです。後半が少し退屈になる気がします。
 楽曲的にも明るい感じもありますが、少し悲しげな感じの曲調が多いような気がします。

 でもメンバー皆さんよい年齢になってしまってもこれだけパワー感のある楽曲や演奏を続けられるというのは素晴らしいです。これまで築いたNight Ranger像を崩さずに行くのがよいかと。正直Night Rangerのファンは”あのNight Ranger"を求めていると思うので。

 前作で結構良い感じにはまっていたジョエルが脱退というのは残念。

ご機嫌な曲

High Road
ご機嫌なロック曲。サビはやっぱり安心感のあるNight Ranger。ギターソロはブラッドギルスな感じでまとまっていて美しいですね。

Knock Knock Never Stop
これもご機嫌。間奏のベースラインがスリリングな感じでカッコ良い。

Rollin' On
これはNRには珍しい。イントロのユニゾン的なリフが意外。

I'm Coming Home
NRらしい展開。Aメロ、Bメロ、サビをメジャーキーマイナーキーを織り交ぜつつ展開させてゆく。意外だったのはBメロを聞いている時にサビの出だしはメジャーキーだと勝手に予測していたらマイナーキーで始まって意外につぼった。

X Generation
この曲のイントロはカッコ良い。下降ベースラインが良い仕事しています。このイントロからのAメロがNR的。

St.Bartholomew
NR節。

Brothers
少し悲しげでNRらしくない感じの印象も受けます。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利