Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Manic Eden / Manic Eden これ聞いている人は珍しい

珍しい

 エイドリアンヴァンデンバーグ率いるManicEdenというバンド。アルバム1枚出したきりです。バンド的にはかなりマニアックな感じですが個人的にはツボなアルバムで今でも聞き続けるアルバムの1つ。たまに中古屋とかで投げ売りされているのを見かけますがこんな名盤なのに非常に残念。

 Whitesnake後にルディサーゾ、トミーアルドリッジのリズム隊とロンヤングというヴォーカルで組んだバンド。音は70年代のブルーズロックな感じなのですがメンバーがHR/HMの方なのでブルーズのルーズな雰囲気の中にもスリリングな面もあって聴きどころも多い名盤です。

 ギターがストラトの音でしょうか。非常にうねる感じで良い音しています。このギターと並んでハスキーばヴォーカルがマッチしていて良い感じです。

地味ですが名曲も

Can You Feel It
アルバムの出だしからノリノリ。イントロのギターとヴォーカルのユニゾンでこのアルバム全体の期待感が上がります。サビのメロディもわかりやすくライブ向けな感じ。

Fire in My Soul
イントロの硬質なアルペジオとハスキーな声。リズムインしてからのメインリフのジミヘンコード。Aメロの単音リフ。どんどん展開してゆく感じがかっこよい。

Do Angels Die
これはこのアルバムのキラーチューンかと。明らかにジミヘンのLittle Wingを意識した感じのイントロですがこの曲のプレーは鳥肌モノ。イントロから徐々に盛り上がり、サビ、ギターソロ、最後のサビのヴォーカルの泣きそうな感じの叫びが秀逸。この1曲のためにこのアルバムを買っても良いレベル。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー