VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつ、TSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じ。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音。Jan Rayはレンジが広くて立体感のある上品でおしゃれな音。  良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。

 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Alcatrazz / Disturbing the Peace ギターの色が濃く出ます

同じバンド名でも全く異なる

 グラハムボネット率いるAlcatrazzのセカンド。ギターはSteve Vai。前作もそうですがAlcatrazzはギターのキャラでアルバムの方向が大きく変わります。

 前作のYngwieはキャラ的にRainbowの延長的な感じもありグラバムボネット的には違和感もなく、独特なインギー節も加わって名盤だと思います。曲もネオクラシカルというかマイナー調の曲が多い。対してこちらは器用なギターとポップな楽曲。メジャーキーも多く全体的な音作りも派手な感じになっています。
 グラハムボネットにどちらがあっているかというと・・・どちらも合っていないかな。

 ここまでギターのキャラで雰囲気が変わってしますとAlcatrazzというバンドはグラハムボネットのバンドというよりはギタリストのアルバムのような気がしてきます。

 ただ歌のスタイルは相変わらず血管切れそうなシャウトを聞かせます。

 ギターはよく聞くと変態的なアイディアがちりばめられていて、1曲目のイントロなんかはディレイの返りをリフの一部のように弾いているのでしょうか。ライブ的に楽しむというよりはスタジオで作り上げるような感じの音。ライブでは前作の曲のインギーのフルピッキングのフレーズをタッピングで弾いたりしています。

 以前、Steve vaiがYoungGuitarか何かの雑誌のインタビューで語っていたのを覚えています。Yngiweが抜けた後のAlcatrazzのギタリストオーディションにスティーブヴァイとクリスインペリテリが受けていて、ヴァイはインペリテリのギターを見てあまりの上手さにインペリテリに決まったと思ったと。だが実際に合格したのはVai。その後にインペリテリのバンドでグラハムボネットがヴォーカルで加入するというのは何かの縁でしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利