JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Winger / IV サードの延長で再結成

再結成

 音的にはサードの延長。1st、2ndしか聞いていない人が聞くとちょっと肩透かしというか、コレジャナイ感があるかも。
 例えは悪いかもですがEuropeの再結成も似ているかなと。当時のキラキラした感を想像して聞くとあまりの飾りのなさにびっくりするとか。

 基本的にはサードのギターが前に出た感じの音作りで全体的には落ち着いた雰囲気になりつつもルーツ的な音楽になっているように思います。初期のキラキラ感は全くなくダークで重心低めな感じの音になっています。

 でもやっぱりWinger。ギターリフは暗く始まってもサビになると一気に持って行く感じがWinger。メロディで持って行かなくても転調して雰囲気変えたりなどプレーだけではなく曲作りとしても技巧派な感じです。

 ただキラーチューンやぱっと聞いた時のきらびやかさがないのでちょっと聴きこまないと良さが感じられない系のアルバムかと。





コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利