The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Winger / IV サードの延長で再結成

再結成

 音的にはサードの延長。1st、2ndしか聞いていない人が聞くとちょっと肩透かしというか、コレジャナイ感があるかも。
 例えは悪いかもですがEuropeの再結成も似ているかなと。当時のキラキラした感を想像して聞くとあまりの飾りのなさにびっくりするとか。

 基本的にはサードのギターが前に出た感じの音作りで全体的には落ち着いた雰囲気になりつつもルーツ的な音楽になっているように思います。初期のキラキラ感は全くなくダークで重心低めな感じの音になっています。

 でもやっぱりWinger。ギターリフは暗く始まってもサビになると一気に持って行く感じがWinger。メロディで持って行かなくても転調して雰囲気変えたりなどプレーだけではなく曲作りとしても技巧派な感じです。

 ただキラーチューンやぱっと聞いた時のきらびやかさがないのでちょっと聴きこまないと良さが感じられない系のアルバムかと。





コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー