GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Night Ranger / Midnight Madness セカンドも名盤

ファーストに続き

 名盤です。1作目が名盤だった場合2作目はちょっと残念がパターンも多いのですが、1枚目のノリノリ感やパワー感をアップさせつつ8フィンガーというキラーコンテンツを載せることでさらに上にいった名作。
 80年代を代表するというよりはHR/HMを代表するアルバムと言っても良いかと思います。
 NightRangerの売りとしては幅広い楽曲と良いアレンジがあると思います。1曲目の(You Can Still) Rock in Americaではまさにノリノリのパワー感やギターキッズを虜にするロックな1曲。2曲目のRumour in The Airではちょっと幻想的な感じを出しつつもヘビーなアレンジで練りこまれた佳曲。
 そして4曲目のSister Christianの名バラード。

 全方位にまとまった感じを1枚のアルバムで聴けるのは素晴らしい。

名曲

(You Can Still) Rock in America
まさにバンドの代表曲。イントロのザクザクしたギターリフからキャッチーなサビ。そして8フィンガーのギターソロ。この8フィンガーでジェフワトソンが有名になりました。

Rumour in The Air
ディレイギターが素晴らしい

Sister Christian
名バラードなのですが、このイメージがついてバラードバンドのようになったのが残念。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー