JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Night Ranger / Midnight Madness セカンドも名盤

ファーストに続き

 名盤です。1作目が名盤だった場合2作目はちょっと残念がパターンも多いのですが、1枚目のノリノリ感やパワー感をアップさせつつ8フィンガーというキラーコンテンツを載せることでさらに上にいった名作。
 80年代を代表するというよりはHR/HMを代表するアルバムと言っても良いかと思います。
 NightRangerの売りとしては幅広い楽曲と良いアレンジがあると思います。1曲目の(You Can Still) Rock in Americaではまさにノリノリのパワー感やギターキッズを虜にするロックな1曲。2曲目のRumour in The Airではちょっと幻想的な感じを出しつつもヘビーなアレンジで練りこまれた佳曲。
 そして4曲目のSister Christianの名バラード。

 全方位にまとまった感じを1枚のアルバムで聴けるのは素晴らしい。

名曲

(You Can Still) Rock in America
まさにバンドの代表曲。イントロのザクザクしたギターリフからキャッチーなサビ。そして8フィンガーのギターソロ。この8フィンガーでジェフワトソンが有名になりました。

Rumour in The Air
ディレイギターが素晴らしい

Sister Christian
名バラードなのですが、このイメージがついてバラードバンドのようになったのが残念。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利