ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Night Ranger / FEEDING OFF THE MOJO NRと言って良いか?

NRというと・・・

 違うような気がします。Night Rangerの復活作。

 オリジナルの2人(ギターのブラッドギルスとドラムのケリーケイギー)しかいないと。ジャンクブレイズの代わりにゲイリームーンが入って、俗に言うMoon Rangerと言われたものです。
 ジャックブレイズがいないのをNRと呼んで良いかどうかは疑問です。

 本人たちもこのアルバムがなかったことになっているようで、このアルバムを入れると8枚目のアルバムにSEVENという名前をつけています。

 メンバ−3人で余計な音が入っておらずこれまでのNRとは音の傾向が異なりますが、骨太でこれはこれでカッコ良い。楽曲的にもNight Rangerと思わせるところもあったり、美メロが効いていたりで良いアルバムと思います。

良い楽曲

MOJO
イントロを聴くとNRっぽくないのですがBメロに入るとグッとNRになる。派手さはないけど聞き応えのある曲。

Try
個人的にはこのアルバムで1番耳に残る曲。重厚なリフがカッコ良い。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー