VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Winger / Better Days Comin' 熟練の良質ロックアルバム

熟練のロックアルバム

 前作に続き良質なロックアルバムです。ビート感の中に練られたギターリフがあってそれに絡みつくヴォーカルが乗ります。相変わらずキャッチーさは変わらずコンパクトにまとまっています。初期のキラキラ感がなくなってしばらく経ちますのでむしろこちらが本当のWingerなのではと思ってしまいます。

 ただ曲的には前作よりも難解な感じは増しました。ストレートでないというか「ここでこう言うコード進行なんだ」というような意外な展開が多い気がします。
 楽曲の作り的にも前作はハードロックな感じを前面に出していたのに対して、プログレ的な感じやポップス的な感じなどちょっと違う雰囲気を織り交ぜつつ展開してゆくチャレンジな感じがあります。
 幅広い実験的なアプローチがありつつも本質というか芯の部分は変わっていないのがう熟練したWingerらしい雰囲気。

幅広い楽曲

Midnight Driver of A Love Machine
イントロのギターから鳥肌なテンション感。そこにヴォーカルが乗りリズムイン。リフが練られていてヴォーカルと良く絡みます。

Queen Babylon
Bメロのユニゾンコーラスがカッコ良い。

Rat Race
Wingerらしくないアップテンポな感じ。キャッチーでわかりやすいリフで突進する感じ。逆に歌メロが目立たない感じなのがちょっと残念。でもその分レブビーチのギターソロが堪能できます。

Better Days Comin'
タイトル曲なのですが意外な感じ。ちょっととぼけたようなAメロ、Bメロ。そこからWingerらしいハーモニーのサビ。

Sin Soldier
プログレっぽいアプローチ。

Ever Wonder
ゆったりとしてポップスな感じ。kip Wingerのソロアルバムのような。

So Long Chana
メジャーキーで壮大な感じで始まり、Aメロでマイナーキーのハードロック調。そこからうまくつないでサビはメジャーに戻ると。間奏にパーカッションが入っているのがチャレンジ風。

Storm In Me
IVの流れのようなヘビーな曲。



コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利