JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Winger / Better Days Comin' 熟練の良質ロックアルバム

熟練のロックアルバム

 前作に続き良質なロックアルバムです。ビート感の中に練られたギターリフがあってそれに絡みつくヴォーカルが乗ります。相変わらずキャッチーさは変わらずコンパクトにまとまっています。初期のキラキラ感がなくなってしばらく経ちますのでむしろこちらが本当のWingerなのではと思ってしまいます。

 ただ曲的には前作よりも難解な感じは増しました。ストレートでないというか「ここでこう言うコード進行なんだ」というような意外な展開が多い気がします。
 楽曲の作り的にも前作はハードロックな感じを前面に出していたのに対して、プログレ的な感じやポップス的な感じなどちょっと違う雰囲気を織り交ぜつつ展開してゆくチャレンジな感じがあります。
 幅広い実験的なアプローチがありつつも本質というか芯の部分は変わっていないのがう熟練したWingerらしい雰囲気。

幅広い楽曲

Midnight Driver of A Love Machine
イントロのギターから鳥肌なテンション感。そこにヴォーカルが乗りリズムイン。リフが練られていてヴォーカルと良く絡みます。

Queen Babylon
Bメロのユニゾンコーラスがカッコ良い。

Rat Race
Wingerらしくないアップテンポな感じ。キャッチーでわかりやすいリフで突進する感じ。逆に歌メロが目立たない感じなのがちょっと残念。でもその分レブビーチのギターソロが堪能できます。

Better Days Comin'
タイトル曲なのですが意外な感じ。ちょっととぼけたようなAメロ、Bメロ。そこからWingerらしいハーモニーのサビ。

Sin Soldier
プログレっぽいアプローチ。

Ever Wonder
ゆったりとしてポップスな感じ。kip Wingerのソロアルバムのような。

So Long Chana
メジャーキーで壮大な感じで始まり、Aメロでマイナーキーのハードロック調。そこからうまくつないでサビはメジャーに戻ると。間奏にパーカッションが入っているのがチャレンジ風。

Storm In Me
IVの流れのようなヘビーな曲。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ