JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Night Ranger / 7 Wishes 落ち着いた感じの良いメロディ

とても良いメロディ

 Night Rangerのサードアルバム。前2作がメロディ良しプレー良し曲良しの名盤だったのですが、サードは落ち着いた感じに出来上がっています。

 このあたりは好き嫌いが分かれるところでしょうけど、ギターキッズ的な視点でいうとつまらないです。熱くなる物がないというかフックするものがありません。
 でもヴォーカル的視点でいうと良いメロディで練られた曲が多く、しっとりした歌を聴くことができます。アルバムラストのGoodByeなんて名バラードだと思います。

 良くも悪くもギターキッズが売れて落ち着いた感じの産業ロックになった感じ。まさにこの時代を代表するような音です。

歌物として聞く

Sentimental Street
映画かテレビのオープニングのようなイントロで始まるバラード。サビのメロディが哀愁あって良い感じ。

This Boy Needs To Rock
NRらしい1曲。この手の曲が多いと良いのに。Aメロバックのバッキングリフがカッコよくてサビの盛り上がりも良い。間奏のブラッドギルスのクリケットビブラートを使ったメロディアスなソロがカッコ良い。

Goodbye
美メロのバラード。Sister Christianよりも好きです。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ