GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Night Ranger / 7 Wishes 落ち着いた感じの良いメロディ

とても良いメロディ

 Night Rangerのサードアルバム。前2作がメロディ良しプレー良し曲良しの名盤だったのですが、サードは落ち着いた感じに出来上がっています。

 このあたりは好き嫌いが分かれるところでしょうけど、ギターキッズ的な視点でいうとつまらないです。熱くなる物がないというかフックするものがありません。
 でもヴォーカル的視点でいうと良いメロディで練られた曲が多く、しっとりした歌を聴くことができます。アルバムラストのGoodByeなんて名バラードだと思います。

 良くも悪くもギターキッズが売れて落ち着いた感じの産業ロックになった感じ。まさにこの時代を代表するような音です。

歌物として聞く

Sentimental Street
映画かテレビのオープニングのようなイントロで始まるバラード。サビのメロディが哀愁あって良い感じ。

This Boy Needs To Rock
NRらしい1曲。この手の曲が多いと良いのに。Aメロバックのバッキングリフがカッコよくてサビの盛り上がりも良い。間奏のブラッドギルスのクリケットビブラートを使ったメロディアスなソロがカッコ良い。

Goodbye
美メロのバラード。Sister Christianよりも好きです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー