ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Night Ranger / 7 Wishes 落ち着いた感じの良いメロディ

とても良いメロディ

 Night Rangerのサードアルバム。前2作がメロディ良しプレー良し曲良しの名盤だったのですが、サードは落ち着いた感じに出来上がっています。

 このあたりは好き嫌いが分かれるところでしょうけど、ギターキッズ的な視点でいうとつまらないです。熱くなる物がないというかフックするものがありません。
 でもヴォーカル的視点でいうと良いメロディで練られた曲が多く、しっとりした歌を聴くことができます。アルバムラストのGoodByeなんて名バラードだと思います。

 良くも悪くもギターキッズが売れて落ち着いた感じの産業ロックになった感じ。まさにこの時代を代表するような音です。

歌物として聞く

Sentimental Street
映画かテレビのオープニングのようなイントロで始まるバラード。サビのメロディが哀愁あって良い感じ。

This Boy Needs To Rock
NRらしい1曲。この手の曲が多いと良いのに。Aメロバックのバッキングリフがカッコよくてサビの盛り上がりも良い。間奏のブラッドギルスのクリケットビブラートを使ったメロディアスなソロがカッコ良い。

Goodbye
美メロのバラード。Sister Christianよりも好きです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー