2016年3月16日水曜日

VAN HALEN / Women and Children First 暗い感じがありますが

ちょっと地味な感じ

 1st、2ndと比べると地味で暗い感じがあります。
 キラーチューンはなくて1回し、2回しだと良さがわからないかもしれません。が、何度か聞いているうちに曲構成とかプレーなどに納得感が出てくるという感じです。

 ギターの音も重心が低めで硬質な感じ。
これまでのパーティロック的な感じからヘビーでラウドな感じに変わりました。特に音がハリのある音に。これまではイコライジング的に柔らかめなトーンで絡みつく感じだったのですが、パリッとした音に変わってギターを前に出すような音になりました。

 前作と比べるとヴォーカルのメロディがしっかり歌になっていると思います。前作まではメロディになっているのがコーラスワークだったりしてメインヴォーカルとしてはシャウトな感じ(それがカッコ良いのですが)でしたが今回はメインヴォーカルとして立っています。

暗めな曲も多いですがよく聞くと良い

And The Cradle Will Rock
ヘビーなリフから始まるミドルテンポ。VAN HALENってドラムのビートに特徴ありますね。この音ってすぐわかります。Bメロの少しメジャーキーを入れた歌い回しなんてカッコ良いです。


Everybody Wants Some!!
イントロのドラムですがPanamaなんかもこんな感じですね。
このバンドのノリはすごいな。

Fools
イントロのボリューム落としたギターの音が良い。そしてEruption的な感じのイントロから曲の本体へ繋がって行くと。こういうシャッフルリズムってノリを出すのが難しいんですよね。

Romeo Delight
この疾走感とAメロの歌だけになって一歩引くところの対比がカッコ良い。

Tora!Tora、Loss of Control
この2つは2曲でセット。前半はゆったり目でヘビーなインスト。後半は一気にテンポアップ。後半のこの手のリズムは他のアルバムでも聞かれますのでVAN HALENは得意なんでしょうね。


Take your Whiskey Home
出だしのアコースティックギターがカッコ良い。
こういう雰囲気がデイヴがあっていますね。

Could This Be Magic
この手の曲はデイヴな感じ。



0 件のコメント:

コメントを投稿