JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


VAN HALEN / OU812 谷間のアルバム

前作の流れを

 8枚目でサミーヘイガー加入後の2枚目になります。
前作の歌中心の雰囲気とかシンセサイザー系バラードを拡大させた印象があります。世間的には少しマイナーな感じでしょうか。

 全体的には前作のときにはサミーヘイガーの歌とバンドの曲が少し様子見な感じを感じました。「ちょっとこういう方向で試してみよう」的な。
 今作はその様子見が確信に変わっている感じがあります。歌もバンドも迷いがない感じがします。

 バンドの音としては硬く締まった感じの音がします。FATというよりTIGHTという表現がぴったりな感じです。ギターの音も締まっていてプレーもタイトですね。ただ全体の印象としてギターが少ない感じがします。VAN HALENのアルバムなのでギターを聞きたかったりするのですが。

悪くないのですが谷間で目立たず

Mine All Mine
アップテンポの8ビート。この曲は結構好きです。間奏のギターソロのフレージングが印象的。

When it's Love
イントロを聴くとバラードかな、と思いましたが本編は8ビート感が強くて歌はバラードしてない。80年代のシングル曲な感じですね。


A.F.U
ドラムのビートから始まり、タッピングハーモニクスが被さってくる出だしがカッコ良い。これはサミーの歌がカッコ良いですね。


Cabo Wabo
アメリカンな土着な感じの雰囲気を出そうとしつつも、サミー期のVAN HALENの音になってしまった感じでしょうか。

Source of Infection
これはアルバムに1曲はあるハイスピードチューン。

Feels so Good
サミー期を代表するような曲ですね。個人的には「ギターなくても良いんじゃね?」と思ってしまうので、あまり好きではないのですが・・・。もちろん曲とかアレンジとかコンパクトにまとまったギターソロとかは素晴らしいのですが。


Finish What Ya Started
アコースティックな感じで結構好きな感じです。

Black and Blue
スローな感じで、アルバムの締めくくり的な感じの曲。ギターソロがタッピングハーモニクスとか織り交ぜながらのエディな感じ。

Apolitical Blues
これはデイブ期からありそうなVAN HALENらしい曲。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利