2016年3月3日木曜日

Red Dragon Cartel / Red Dragon Cartel アルバムとしてはまとまりないけど良いギター

BADLANDSよりもOzzyか

 これは最初にニュースを聞いた時には期待していました。ジェイク・E・リー時代のOzzyは結構好きだったんですよね。その後のBADLANDSもカッコ良くて。
 でもそれっきり最近名前を聞かないなと思っていたジェイクが復活と。何が良いってギターを弾いている姿がカッコ良い。歴代のOzzyギタリストの中でステージングはピカイチだと思います。

 実際に聞いてみて思ったのは、Ozzy時代の雰囲気に似ていると思いました。なかなかカッコ良くて独特なルート音を挟むリフなんて健在です。
 BADLANDSはブルーズロック風な感じで、ギターのリフもだいぶ異なりましたが、今回はHR風なリフが多い。
 
 オフィシャルビデオを見ると、あの白いストラト。これがカッコ良いな。

 ただアルバムとしては曲によってヴォーカルが変わっているのもあって、ちょっとまとまりがない感じもします。コンピレーションアルバム的な。
 
 ぜひ固定メンバーでまとまるのあるアルバムを望みます。

昔風の曲も

Deceived
いきなりOzzyのBark at the Moonを思い出すイントロ。これでテンション上がります。このリフに合わせてハイトーンのヴォーカルが絡んできますが、これもテンション高くて盛り上がります。

Wasted
サビのメロディが特徴あるというかどこかで聞いたことのあるような感じですが耳に残ります。

War Machine
スローな感じでブラックサバス的な雰囲気ありますね。メインリフなんてオジーが歌うと合いそうな感じ。

 是非落ち着いたメンバーで継続してアルバムを出してくれることを期待します。


0 件のコメント:

コメントを投稿