JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Megadeth / Rust in Peace 代表アルバム

Megadethの名盤

 と、言えばこれでしょうね。

 キラーチューンもありつつ、アルバム全体としてのストーリーもしっかりしています。メガデスに求められるであろう複雑なリフや曲展開の中に、メロディアスな東洋的なリード。
  
 個人的な印象かもしれませんが、このアルバムは特に歌が少ない。ちゃんと調べるとそんなこともないのかもしれませんが、曲の前半は普通に歌メロがしっかりしたロック、で後半が別の曲?と思えるくらいのインスト的展開で後半の方が長かったり。

 聴き始めた10代の頃は特にそんな印象で、前半の歌モノ部分でしっかり心は掴まれるのですが、後半のインスト的展開はちょっとだるいと思っていました。前半だけで終わってくれた方がすっきりしていてカッコ良いのに・・・と。
 それが大人になったことから後半部分の重要性というか後半部分の良さがわかってくるようになりました。
 後半の弦の擦れるような音が良いんですよ。むしろそれがメインなのではと。

名曲

Holy Wars...
これはスラッシュの名曲ですね。イントロからテクニカルでスピード感のあるギターリフ。
歌が始まり、中盤にオリエンタルな雰囲気からスローな感じに。後半はテンポアップして長いギターソロ。そして一気に盛り上がり。

Hanger18
8ビートの名曲。イントロのツインギターが抜群にカッコ良いな。
中盤以降の劇的な展開も良い。昔は前半だけで良いと思っていたのだけど、今はこの後半の方がメインと思います。
 この後半のツインギターの掛け合いが必須よね。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利