Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


VAN HALEN / VAN HALEN III これは完全になかったことになっているな

この存在感のなさは・・・

このアルバムも発売当時すぐに購入して聞きました。
サミーヘイガーが脱退して、エクストリームのゲイリーシェローンが加入すると。

 歌もうまいです。
エクストリームのアルバムでもそうですが、音圧もあってFuckな感じの歯切れの良い歌が得意な感じですね。

 演奏も曲も良いです。

 何度か聞いた結果としては、なんとなく違和感が残った感じのアルバムでした。

 この時期のブラウンサウンドはサミーヘイガーを意識した音だと思います。透明感があって伸びがあって。この音にサミーヘイガーのメロディと歌がマッチしているんだと改めて思いました。

 アルバムとしては決してできの悪いものではなく良いアルバムなのですが、個人的に期待したものとちょっと違った。それだけです。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー