Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Dokken / Tooth and Nail 出世作ですね

LAメタルの名盤

 Dokkenのセカンドアルバム。これは名盤。
1stと比べると曲も音もぐっと垢抜けた感じがします。

 このアルバムでDokkenが完成した感じでしょうか。哀愁メロディの柔らかいヴォーカルと攻撃的なギター、美声コーラスと魅力が詰まっています。

 全体的にワイルドで攻撃的な雰囲気にまとまっています。

 個人的にはリズム隊がもっと練られた感じだったり絡んでくるともっと面白いのかなとも思いますが、この単調な感じが逆に歌とギターを浮き上がらせる感じになって良いのでしょうか。

代表曲もこの時点で

Tooth and Nail
1曲目から繋がる感じの半音下降フレーズで一気にテンションあげます。
これはキラーチューン。95年の来日公演をもに行きましたがこれが1曲目でした。
このギターソロがアグレッシブに上下します。この辺りがスリリングで良い。


Just Got Lucky
これも割と有名曲でしょうか。メジャーキーでキラキラした感じの曲。
この時代特有の、曲のタイトルを連呼するサビ。

Into The Fire
ヘビーな曲で好きです。
これもサビでタイトル連呼。
ギターソロはメロディックな感じでまとまっています。

Alone Again
おなじみのバラード。良いメロディでドンドッケンらしさが詰まった感じです。


Turn on The Action
ちょっと変わった感じのリフが印象的な曲。曲ラストのギター弾きまくりで締めるあたりがこのアルバムを象徴する締めになっていて良い感じ。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー