EP boosterのディップスイッチ

イメージ
ブースターの使い方 今までブースターはソロ時の音量および音色変更のために後段(アンプの前)にセットしていました。こういう目的だとミッドブーストとクリーンブーストの両方があるkoko boostが一軍確定(何よりソロ時のミッドブーストが気持ち良いので)。
 アンプのクランチをオーバードライブでミドルに寄せて筋肉質なバッキングオンを作り、ソロ時にはそれを後段のブースターでプッシュすると。
 このような使い方だとブースターは1つで良い。

 そんな訳でなんとなく2軍になっていたEP Booster。

ディップスイッチ  EP boosterが2軍になった理由としてはイマイチセッティングが決まらなかったから。
 もともとオーバードライブとブースター1つで良く、その1つのブースターの席はkoko boostで決まっていたので、無理にEPを使い必要はない上にディップスイッチが面倒。 (ツマミは1つなので迷わないのですが)
 スイッチを変えるにはドライバーで蓋を開けなければ。  アンプによってハイが出すぎとかローはいらないとかなるときにその場で変更できない。  特にボードに組み込んでしまった時には。  このディップスイッチが外にあれば良いのに、と思います。
これまで こんなわけでよく試しもしないまま、ブーストのみのセッティングにしてなんとなく音が抜けないとか思いながら放置していました(当時はハイをONにするとキンキンする気がしたので、なんとなく避けていました)
 今思うともったいないのですが、ほとんど使わずに何度かスタジオに持っていて、よくわからないままお蔵入り。
 ただ改めてネットを見てみると、このセッティングはそもそも推奨でなはない気がしてきましたので変えてみることに。
両方ONに ネットを調べてみると、ファクトリープリセットが両方ON。でハイのみがONのセッティングがFlat EQとなっている。そして両方OFFなのがVintageセッティングと。
 つまりこの3通りが正解で、これまでのセッティングはハズレなのでは?と。
 そう思ってとりあえず両方ONのセッティングで前段に挟むことに。当時キンキンすると敬遠していましたが改めて聞くとアンプが高級になった気がするというかダイナミックな感じになってこれはこれで良いなと。
 やはりメーカーおすすめに従うべきか・・・。


VAN HALEN / F@U#C%K サミー期の名盤

これは名盤と思います。

 VAN HALEN9枚目のアルバム。これは個人的に大好きなアルバム。これまでのサミー期2枚のアルバムと曲の方向もギターの音も全然異なります。

 曲としては、前作までのシンセサイザー系バラード的なサミーヘイガーの歌を活かした雰囲気作りがなくなり、ハイトーンを活かしつつもロックな感じになりました。
 と、言っても初期のザクザクしたリフの曲ではなく、しっかり曲としてまとめた感じ。

ギターとアンプが変わる

 このアルバム発売当時、YoungGuitar紙で大きく特集されていたのを覚えています。このアルバムに合わせて、MusicmanからシグネイチャーギターとPeaveyの5150アンプが発表されました。
 特に5150アンプはブラウンサウンドが出せると話題になり、このアルバムのギターの音を決定付けた感じです。
 柔らかい音ですがシャキッとして、低音リフではエッジの効いたドライブサウンド。リードでは伸びやかな透き通るサウンド。
 ハムバッカーギターの1つの理想型の音だと思います。

 それから数年後に、とあるスタジオに5150が置いてあり音を出してみたことがありますが、とても低音が出るアンプでうまく使いこなせなかった記憶が・・・。

ブラウンサウンドを堪能

Poundcake
ミディアムテンポのギターロック。ドリルの音から始まります。当時のYoungGuitarのインタビューでドリルを使っていることを聞かれて、「Mr.Bigger(Biggestだったかも)」と呼んでくれ、と答えていたのを覚えています。
この曲のイントロを聴いた瞬間にギターの音が違うことがわかりました。「ジャーン」と弾いた時にもシャキッとしていてコード感が残っていて。
 特にイントロのリフで1弦、2弦の開放をしたままコードがEからD、Cと変わってくるところがコード感が残っていないと台無しですが、これがはっきり意識できるトーンが素晴らしい。
 曲間のブレイクのところも心地よく歯切れの良いギターの音が耳に残ります。


Judgement Day
アップデンポも8ビート。1曲目からの流れがこれ以外にないくらいしっくりしている流れです。間奏出だしの両手タッピングが見せ場でしょうか。


Spanked
ヘビーな曲ですね。

Runaround
イントロの歪んでいるけどコード感が残るアルペジオが耳に残る。

Pleasure Dome
アルバムに1曲ありそうなハイスピードナンバー。間奏のタッピングがカッコ良いですね。


In 'N' Out
Aメロのがカッコ良いですね。間奏ではワウを踏んでいる感じ。これまでVAN HALENでワウはなかったので、なかなか印象的でした。

Man on a Mission
ベースとギターのユニゾンのイントロ。

The Dream is Over
イントロのキレの良いギターのリフとその後の伸びやかのリードが耳に残る。

Right Now
このアルバムのキラーチューン。


316
つなぎ的なギターインスト

Top of The World
これもキレの良いギターリフが耳に残る。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー