VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつサステインもTS並に長くてリードプレイでも使いやすい。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音ですが、こちらはTSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じで上品なおしゃれ音。  適度に上と下の雑味のある成分が切られて優しい音になるのでエッジの必要なHR/HM系をこなすのは工夫が必要か。
 良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。


 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Steeler / Steeler インギーのデビュー作

B級バンド

 ちょっとマニアックなバンドですが、インギーのデビュー作。

 完全なLAメタルでメンバーの個性も合っていないような気もしますし曲も弱いです。バンドとしての演奏も普通です。
 でもなんとなくクセになる感じがあるんですよね。B級グルメが食べたくなく的な。

 ヴォーカルはロン・キール。アルバム全体的に歌が弱いです。メロディも普通です。
ギターはインギー。ギターは上手いのですがプレーが曲に合っていないです。曲がよくあるLAメタル風でギターソロになると別の曲になります。

 と、あまり良いアルバムでないように思えますがクセになります。
歌は弱いです。サビでタイトルを連呼するとかでメロディも耳に残りません。でもそれが心地よく感じてきます。
 ギターも浮いています。が、これもハンバーグにパイナップルが載っているような感じです。
 またストラトのトーンが良い音です。今のように歪んでいなくてシングルコイルのキンキンした部分をうまく抑えた音。ストラトでロックをする1つの理想の音だと思います。

インギー節が出ています

Cold Day in Hell
ヌルい、ダルい感じ。でもそれが良い。昔のLAメタルってこんな感じですよね。初期のモトリーとか。

No Way Out
これがこのアルバムのキラーチューンですかね。アルカトラズとかに入っていそうな曲。
サビの雰囲気が良いです。

Hot On Your Heels
ソロギターで始まるアコースティックなリードがいつの間にかエレキに変わります。
ギターソロとバンドの曲を無理やり1つにつなげた感じ。これは前半のソロ部分で1つの曲にした方が良いのではと思います。
後半のバンド曲はこれ単体でカッコ良いです。


コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利