ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


VAN HALEN / Diver Down エッジの効いたギターが心地よい

個人的には思い入れが

 カバー曲が多かったりで世間的な評価はあまり高くないのかもですが、初めて買った高校生当時1曲目のイントロのギターの音が耳に残って、今でのこのアルバムを聴きだすとその当時のことを思い出します。

 全体的にポップな感じにまとまっていて、ゴリゴリしたロックな感じではなく多彩な曲を集めたアルバム。
 カバーも多くポップな曲が並んでいますが、VAN HALENらしさが出ていると思います。

 ギターの音は前作までの柔らかめの音から、またハリのある音に変わりました。もちろん前作の音もハリがあるのですが、ミドルの出たパンチのある音というか押し出し感の強い音というか。

キレのあるギター

Where Have All The Good Times Gone?
イントロのギターが印象的。
カバー曲でオリジナルとは雰囲気が異なりますが、VAN HALENらしく出来上がっています。

Hang 'Em High
これはイントロからカッコ良い。


Cathedral
これはボリューム奏法とディレイでしょうかね。この2つのネタでギター雑誌とかでよく見かけます。

Intruder、Pretty Woman
この2曲でセットですね。
IntruderからPretty Womanへの入りがカッコ良い。


Little Guitars
ポップな曲。このアルバムの代表曲でしょうか。
ポップなギターリフにデイヴな感じが満載で大好きな曲です。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー