JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


VAN HALEN / Diver Down エッジの効いたギターが心地よい

個人的には思い入れが

 カバー曲が多かったりで世間的な評価はあまり高くないのかもですが、初めて買った高校生当時1曲目のイントロのギターの音が耳に残って、今でのこのアルバムを聴きだすとその当時のことを思い出します。

 全体的にポップな感じにまとまっていて、ゴリゴリしたロックな感じではなく多彩な曲を集めたアルバム。
 カバーも多くポップな曲が並んでいますが、VAN HALENらしさが出ていると思います。

 ギターの音は前作までの柔らかめの音から、またハリのある音に変わりました。もちろん前作の音もハリがあるのですが、ミドルの出たパンチのある音というか押し出し感の強い音というか。

キレのあるギター

Where Have All The Good Times Gone?
イントロのギターが印象的。
カバー曲でオリジナルとは雰囲気が異なりますが、VAN HALENらしく出来上がっています。

Hang 'Em High
これはイントロからカッコ良い。


Cathedral
これはボリューム奏法とディレイでしょうかね。この2つのネタでギター雑誌とかでよく見かけます。

Intruder、Pretty Woman
この2曲でセットですね。
IntruderからPretty Womanへの入りがカッコ良い。


Little Guitars
ポップな曲。このアルバムの代表曲でしょうか。
ポップなギターリフにデイヴな感じが満載で大好きな曲です。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利