ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


VAN HALEN / Fair Warning ロックフランジャーのお手本

中期の名盤

 これは名盤でしょうね。キラーチューンもありますし。
全体の印象としてはサードのヘビーでダークな感じを残しつつも1st、2ndのパーティーロック的な感じに戻ったような感じです。

 ギターの音も歪み感が増えてイコライジングも少し柔らかくなりました。
 何より特徴的なのがフランジャーでしょうね。Uncahinedのフランジャーはロックフランジャーのアイコンでしょうね。フランジャーがいくつか購入したりもしましたが、どうしてもUnchainedの印象が強すぎて結局MXRを買い直しました。

 リズム隊はパーティーな感じではなく骨太でビートを強調する感じですね。特にハットの音が特徴的で曲のリズムを引っ張っています。

 ヴォーカルはちゃんと曲になっています。サビでハイトーンコーラスが入りつつというスタイルが確立していますね。

 この辺りが高い次元でまとまったアルバム。

ロックギターのお手本

Mean Street
これはイントロのギターが目玉でしょうか。昔ヤングギターとかにも載っていたのを覚えています。


Sinner's Swing
スピード感のある展開。ベースが良い感じにノリを出していますね。頭にアクセントがありますが、シャッフルっぽく跳ねた感じのノリが素晴らしい。
ギターはソロの出だしがめちゃめちゃカッコ良い。

Hear About it Later
クリーンサウンドのフランジャーアルペジオが印象的。バッキングのアルペジオが絡んで行く感じのセンスが良いな。
曲最後のツーバス連打も良い感じ。

Unchained
これはキラーチューン。
イントロも素晴らしいのですが、Bメロが良い。このキメから自然にサビ(バッキングはイントロと同じ)に入るのがカッコ良い。
ギターソロもコンパクトにまとまっていて。


Push Comes to Shove
これはベースとドラムの曲。

So This is Love?
シャッフルリズムの名曲。VAN HALENらしいというかシャッフルが多い印象があります。
ギターソロの少しボリュームを絞った感じの音が印象的。

Sunday Afternoon in The Park
曲のタイトルと曲調が合わなすぎて笑う曲。

One Foot out The Door
前の曲と繋がっています。この2曲で実質1曲ですね。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー