Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



VAN HALEN / Fair Warning ロックフランジャーのお手本

中期の名盤

 これは名盤でしょうね。キラーチューンもありますし。
全体の印象としてはサードのヘビーでダークな感じを残しつつも1st、2ndのパーティーロック的な感じに戻ったような感じです。

 ギターの音も歪み感が増えてイコライジングも少し柔らかくなりました。
 何より特徴的なのがフランジャーでしょうね。Uncahinedのフランジャーはロックフランジャーのアイコンでしょうね。フランジャーがいくつか購入したりもしましたが、どうしてもUnchainedの印象が強すぎて結局MXRを買い直しました。

 リズム隊はパーティーな感じではなく骨太でビートを強調する感じですね。特にハットの音が特徴的で曲のリズムを引っ張っています。

 ヴォーカルはちゃんと曲になっています。サビでハイトーンコーラスが入りつつというスタイルが確立していますね。

 この辺りが高い次元でまとまったアルバム。

ロックギターのお手本

Mean Street
これはイントロのギターが目玉でしょうか。昔ヤングギターとかにも載っていたのを覚えています。


Sinner's Swing
スピード感のある展開。ベースが良い感じにノリを出していますね。頭にアクセントがありますが、シャッフルっぽく跳ねた感じのノリが素晴らしい。
ギターはソロの出だしがめちゃめちゃカッコ良い。

Hear About it Later
クリーンサウンドのフランジャーアルペジオが印象的。バッキングのアルペジオが絡んで行く感じのセンスが良いな。
曲最後のツーバス連打も良い感じ。

Unchained
これはキラーチューン。
イントロも素晴らしいのですが、Bメロが良い。このキメから自然にサビ(バッキングはイントロと同じ)に入るのがカッコ良い。
ギターソロもコンパクトにまとまっていて。


Push Comes to Shove
これはベースとドラムの曲。

So This is Love?
シャッフルリズムの名曲。VAN HALENらしいというかシャッフルが多い印象があります。
ギターソロの少しボリュームを絞った感じの音が印象的。

Sunday Afternoon in The Park
曲のタイトルと曲調が合わなすぎて笑う曲。

One Foot out The Door
前の曲と繋がっています。この2曲で実質1曲ですね。




コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足