ESP TH-200M ちょうど良い大きさ

イメージ
BOSS WL-20のホルダーを求めて もう2年くらい使っているBOSSのワイヤレスシステム。安くて安定していて音も不自然なくとても良いのですが、やっぱりギターから直接生えている感じは見た目的にいただけない。  そのため当初から短いシールドとフォーンプラグの延長用のコネクタを使って他のワイヤレルのようにストラップに付けたい。
 課題になるのはワイヤレス送信機ホルダー。  ギターに直接挿すのが基本でしょうから純正品や専用品は出ていない模様。何かで代替するほかないと。  当初使っていたのはホームセンターで売っていたドライバーなどをベルトにつけるもの。これな内容的には良かったのですが、サイズが大きかった。小さいワイヤレス送信機に対して存在感ありすぎた。
ESPのホルダーを買ってみた 調べるとESPから小さめのホルダーが出ている様子。割とお手頃な値段で売っていたので買ってみた。 (皮製でしっかり)
 ポイントは送信機を包み込むように包んでゴム製の輪っかで縛る。なので特定の製品専用ではなく汎用的に様々な大きさに使える感じ。

(WL-20を包んだところ)

 WL-20の送信機はかなり小型なので、包むには縛っている輪ゴムを二重に巻く必要があります。これでも多少大きさに余裕はありますが隙間から抜け落ちたりするような感じもなく、安定感もあると。  ちょうどよく下部にある穴かフォーン延長コネクタを通すことができデザイン的にも良い感じ。
 とても小さく目立たなくなったワイヤレス送信機ホルダー。これでしばらくは使ってみようか。どうせならBOSSで純正品を出してくれれば良いのに。


VAN HALEN / Fair Warning ロックフランジャーのお手本

中期の名盤

 これは名盤でしょうね。キラーチューンもありますし。
全体の印象としてはサードのヘビーでダークな感じを残しつつも1st、2ndのパーティーロック的な感じに戻ったような感じです。

 ギターの音も歪み感が増えてイコライジングも少し柔らかくなりました。
 何より特徴的なのがフランジャーでしょうね。Uncahinedのフランジャーはロックフランジャーのアイコンでしょうね。フランジャーがいくつか購入したりもしましたが、どうしてもUnchainedの印象が強すぎて結局MXRを買い直しました。

 リズム隊はパーティーな感じではなく骨太でビートを強調する感じですね。特にハットの音が特徴的で曲のリズムを引っ張っています。

 ヴォーカルはちゃんと曲になっています。サビでハイトーンコーラスが入りつつというスタイルが確立していますね。

 この辺りが高い次元でまとまったアルバム。

ロックギターのお手本

Mean Street
これはイントロのギターが目玉でしょうか。昔ヤングギターとかにも載っていたのを覚えています。


Sinner's Swing
スピード感のある展開。ベースが良い感じにノリを出していますね。頭にアクセントがありますが、シャッフルっぽく跳ねた感じのノリが素晴らしい。
ギターはソロの出だしがめちゃめちゃカッコ良い。

Hear About it Later
クリーンサウンドのフランジャーアルペジオが印象的。バッキングのアルペジオが絡んで行く感じのセンスが良いな。
曲最後のツーバス連打も良い感じ。

Unchained
これはキラーチューン。
イントロも素晴らしいのですが、Bメロが良い。このキメから自然にサビ(バッキングはイントロと同じ)に入るのがカッコ良い。
ギターソロもコンパクトにまとまっていて。


Push Comes to Shove
これはベースとドラムの曲。

So This is Love?
シャッフルリズムの名曲。VAN HALENらしいというかシャッフルが多い印象があります。
ギターソロの少しボリュームを絞った感じの音が印象的。

Sunday Afternoon in The Park
曲のタイトルと曲調が合わなすぎて笑う曲。

One Foot out The Door
前の曲と繋がっています。この2曲で実質1曲ですね。




コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利