2016年3月14日月曜日

聖飢魔II / 地獄より愛をこめて 初期の完成形

大きく雰囲気変わりましたが名盤

 前作と比べると全体の雰囲気が大きく変わりましたがこれも初期の名盤と思います。
前作までの悪魔節がなくなり、スケールも割と普通のものが多くなった感じですね。
曲調もどちらかというとストレートな感じで聞きやすい。

 また前作で前面に出していたツインリードが減っています。ギター2本が完全にリードとバッキングに分かれていて、バッキングをしっかりすることでその分自由にリードを取るような感じにですね。

名曲揃い

DEATHLAND
ギターのリフから始まるアップテンポの8ビート。ストレートで気持ちよく最後まで終わる感じです。Aメロの歌が怪しい感じで好きです。

APHRODITE
ミドルテンポの2曲目。ハードな中にポップなメロディを合わせていてカッコ良い。これ以降「ハゲじじい」と「くそばばあ」というのはよく出てきますね。

モアイ
これは個人的に好きな曲。間奏出だしのギターのリフが最高にカッコ良い。

EL・DO・RA・DO
これはキラーチューンですね。メロディがゆったりしているのが壮大感があって良い。

アダムの林檎
これもキラーチューン。16ビートのイントロギターリフがFunkな感じで単純なメタルっぽくないのが耳に残る。ギターソロ最後のスケールアウトさせた音使いのセンスも良いですね。

9曲目
壮大な大曲。曲のタイトルから勝手にアップテンポのストレートな感じを想像していたのですが、どちらかというとスローな感じで個人的には意外な感じでした。終盤の盛り上がりがハンパないです。

10曲目
これは有名曲のパクり(笑)なんでしょうね。このアルバムではないのですが完全版はカッコ良い。


ところでこの経典のタイトルは007のパクりなんでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿