Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


コンピレーション / Smoke on The Water HM/HRカバー

面白いカバー

 HM/HR系のヴォーカリスト、ギタリストによるDeep Purpleのカバー。
 どの曲もなかなか個性があって面白い。
 Speed KingはYngwie。予想通りのハーモニックマイナーの速弾きで原曲の雰囲気は気にしないで突き進む感じ。
 StormbringerはJohn NorumとGleen Hughes。こちらはグレンヒューズが入っているといえば当たり前なのですが比較的原曲に忠実に。
 聞いてみると、John NorumとGless HughesはJohnのソロアルバムで共演していますし、Don DokkenとReb BeachはDokkenで、YngwieとJoe Lynn Turnerは言わずもがな。もともと共演しているメンバーが多い。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー