The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Deep Purple / Burn ツインヴォーカルの凄み

ツインヴォーカルの凄み

 ハードロックでブルージーでファンキーな第3期。
 グレンヒューズのファンキーなベースがかっこ良い。その上でカヴァデールとのツインヴォーカル。男らしい太い声のカヴァデールとハイトーンのグレンヒューズ。

 キラーチューンのBurn。イントロの有名なギターリフもかっこ良いのですが、1拍目の重みが素晴らしい。
 聞きどころとしてはAメロのカヴァデールのブルージーな歌メロとBメロのグレンヒューズのハイトーン。これだけでこのアルバムを買う価値があるかと。
 楽曲的には間奏のクラシカルなコード進行もかっこ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー