Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Deep Purple / Who Do We Think We Are 第二期のラスト

ちょっと地味な

 Machine Head後のためかちょっと地味な印象があります。
 第二期のイメージするリッチーのギターがあまり前に出ていない感じもしますし、Highway Star的なスピードチューンもなかったりしますので。

 その分ジョンロードが前に出てこれはこれで楽しめます。Rat Bat Blueなんてリッチーのギターソロは入っていないのですが、ジョンロードとロジャーグローバーが楽しい。Deep Purpleっぽくない単調なリフで進みますがジョンロードがアクセントをつけてカッコよく展開してゆく感じ。

 キラーチューンは少ないですがWoman From Tokyoは唯一。イントロのギターがかっこ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー