Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Deep Purple / The Book of Taliesyn ハードロック的

ハードロック的

 セカンドアルバムになって1st同様のリバーブの効いたヴォーカルはそのままですが、全体的にタイトでハードロックな感じが出てきた音。
 
 1曲目 からドラムがびっくり。ファーストではこんなに自己主張していなかったように思いますが、叩きまくり出しまくりの音。
 リフも半音階を使ったハードロック的な音使い。

 結構好きなのはKentucky Woman。アップテンポでユニゾンを使ったハードロック的なアプローチがあったりルート弾きでスピード感を出したり、第二期につながるような曲作り。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー