ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

Deep Purple / Stormbringer 新たな1面

新たな1面

 第3期Deep Purpleの2枚目。
 デヴィットカヴァデールとグレンヒューズの発言権が増したためか、今までにない新しい要素が入って個人的にはとても良いアルバム。
 
 1曲目のStormbringerは第2期的な雰囲気もある曲。イントロのユニゾンの後のオルガンがカッコ良いしその後のメインのリフも単純だけど印象に残る。

 1曲目はキラーチューンですが新しい要素はそれ以降の曲。
 2曲目のLove don't mean a Thingはまずギターが歪んでいない。そこにファンクなリズムでヴォーカルを2人で分け合うと。
 3曲目は作曲にリッチーが入っていないHoly Man。

 最後はバラードのSoldier of Fortune。カヴァデールがしっとりと歌い上げる。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー