Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Deep Purple / Perfect Strangers 渋い1枚

第2期のメンバー

 第2期のメンバーで再結成してアルバム作成。
 嫌が応にもその当時のアルバムを比べられてしまいますが、あえてかどうかわかりませんが全く雰囲気が異なる。
 当時の疾走感とか勢いは薄くない、うねるリズムがグループが出てきている。Deep Purpleを聞くユーザにこの雰囲気が馴染むかどうか分かりませんが。

 1曲目からキーボードの怪しげな音使いで決してストレートでない感じがわかります。ねじれる雰囲気の一番の要因はイアンギランの歌にあると。ひねり出すように絞り出す高音が曲全体をねじれさせて、ギターやオルガンと絡む音に。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー