2018年1月29日月曜日

Scorpions / In Trance ウリジョンロートの存在感

 76年リリースのIn Trance。
 Scorpionsの場合は、ギターが2人いますがツインリードなどはなくバッキングメインのルドルフシェンカーとリードのウリジョンロートという感じで完全に役割を分けています。
 このアルバムでキャラが特に前に出ているのがウリジョンロート。
 もともとストラトの良い音でテクニカルなリードを弾きますし、曲もストレートなプログレッシブな感じというよりはHRよりの曲でしたが、このアルバムではそれが前面に出ている気がします。
 何より素晴らしいヴォーカリストがいるのにもかかわらず微妙な感じで歌う・・。
 Dark LadyとかSun in My Handとか微妙な感じでなかなか良い。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿