Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


筋肉少女帯 / キラキラと輝くもの 聴きやすいアルバム

密度が濃い

 これまで同様にメタルな曲、ポップな曲、よくわからない曲の通りがある何時もの構成ですが、メロディがはっきりしている曲が多くで聞きやすい。

 2曲目の小さな恋のメロディはロックな曲。タイトルに似合わずにドライブ感と勢いを感じるキラーチューン。
 5曲目のサーチライトもキラー。9分超の大作。メタルでもなくポップスでもないファンクな雰囲気でこれまでの何かを吐き出す歌詞。
 9曲目のお散歩モコちゃんも結構好きな曲。よくわからない系に分類されますが、文学的というか退廃的な雰囲気をまとめた1曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー