VEMURAM Jan Ray レビュー

イメージ
上品オーバードライブ 巷で評判、自作でコピー物を作っている人もいるらしい人気オーバードライブ。ネットの動画などを見ていても良い音な感じがするので購入。


 サイズはよくあるMXRサイズ、コントロールは4つと上部にトリマーあり。アダプターの位置はちょっと変わっていて左下。  マーシャル などを軽くクランチにさせておいてペダルを挟むと上品なオーバードライブサウンド。
 軽く弾いただけで「良いもの」感が感じられ人気があるのも頷ける感じ。
コントロールメインのコントロール メインのコントロールは4つ。Level、Gain、Bass、Treble。  レベルは結構大きい方。9時過ぎくらいでバイパスと同じレベル。個人的には少し圧力を感じた方が好きなのでちょっとレベルアップの10時くらいが良い感じ。
 ゲインは10時から12時くらい、イコライザーは12時くらいから微調整が良い感じ。
トリマー 上部にサチュレーションという名前のトリマーがついています。これが結構効く。メインコントロールのゲインよりもこちらが重要なのかもと思います。左に回すと倍音感というか騒がしさのようなものが増える感じでギターやアンプに合わせてセッティングすると良いのかも。  左に絞り切るとちょっと騒がしすぎる感じで、騒がしくないと感じるところまで右に回して調整するのが良いのかも。
音 音は程よくミッドが出てコンプレッション感も適度にあるいわゆるオーバードライブ的な音ですがジャリーン、と響く感じが気持ちが良い。  TS系な雰囲気も感じつつ、TSよりも少しレンジが広くて立体感が出る感じ。TSはミッドにぎゅっと圧縮される感じがするのでハードロック系に適した音。Jan Rayはレンジが広くて立体感のある上品でおしゃれな音。  良かったのは、TSを前段、Jan Rayを後段につないで、Jan Rayは踏みっぱなしでハードロック系の詰まった感じ欲しいときにTSを踏む、というのが良い感じ。

 ちょっと値段が高いですが、高いだけはあるペダル。しばらく使い込んでみようと思えるペダルです。他のVEMURAMのペダルも試してみたくなる感じ。

Bogner Ecstasy Red Pedal JC-120で使う

Ecstasy Red Pedal再び

 Bogner Ecstasy Red Pedalを購入してから2年。購入してからMarshall JCM2000としか合わせたことがありませんでした。
 結果としてMarshallであればアンプをクランチにしてTS系オーバードライブなどで抜けの悪くなる低音や耳に痛い高音などを適度にカットしたほうが弾きやすくて良い音なるのでお蔵入りになっていました。
 オーバードライブでミッドを出した音の方がサステインも長くなりますしテクニカルなプレーをする際にも音を前に出してくれます。
 アンプライクなのは良いのですがもうちょっと出て欲しい感じのところに届かなかったというか、Ecstasy Red Pedalをプリアンプ的に使うとするなら、Ecstasy Redの歪を低めにして別途オーバードライブなどがあった方が良いのかなと。

JC対策として

 止ん事無き理由でJC-120しかないというライブをすることになり、JC対策ということで引っ張り出してみました。
 JCなんて使うのは何年振りだろうか。
 20数年前は使うことも多かったのですが、JC特有の音が耳について遠ざかっていました。
 今回20年振りくらいにJCにつなぐと思っていたよりも意外に太い音。イコライザーは全部を5に設定してしても低音が出ている。クリーンはちょうど良いのですが、オーバードライブを踏むとちょっと抜けの悪い音。
 特にブラッシングの音が抜けない。

 そこでEcstasyペダルを持って行ってプリアンプ的に使ってみました。

Ecstasyのセッティング

 JCはイコライザーは全て5。Distortionのつまみをカチッとなるだけ回す。
 これにペダルのイコライザーはLowを絞ってHighとMiddleを上げめ。
 もともとJCはどう弾いても特有の乾いた硬い音の「JCの音」。低音が出るのでちょっと間違うとこもった感じの丸い音になりがち。クリーントーンは素晴らしいのですが歪の音となるとちょっと敬遠していたのも事実。

 ちょっと間違うと丸くて抜けの悪い音になりがちなJCの歪サウンドですがEcstasy Redを間に入れることで明るい音が合わさって抜けのバッキング音になりました。

 ソロはGain,Volumeを上げめにしてペダルのBoostを踏むというのもありでしたが、やっぱりミドルの出たオーバードライブを踏むというのが良いのかなと思います。ファットでサステインが出た音になりますので。

ありかどうか

 JCの歪ペダルとしてはEcstasy Redペダルは優秀な部類のような気がします。よくあるオーバードライブだとブーミーになりがりだったりしますが、ペダルのイコライザーも聞きますのでスッキリとザクっとした音を出すことができると思います。
 結構 JCの音とEcstasy Redペダルの音がマッチしていて良い結果になる気がします。
 今回20数年振りにJCで音出し、Ecstasy Redペダルを合わせてみて、結構使い込んでも良いかなと思えました。

コメント

このブログの人気の投稿

EP boosterのディップスイッチ

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利