Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Deep Purple / Slave and Masters レインボー?

ジョーリンターナー

 ヴォーカルがイアンギランからジョーリンターナーに交代。
 ジョーリンターナーといえば後期Rainbowのヴォーカル。リッチーとターナーでDeep PurpleというよりはRainbow的な雰囲気になっているのも否めません。
 もちろんイアンペイスやジョンロードの存在感もありますが、やっぱりメインヴォーカルの存在感はあるかなと。
 1曲目のKing of Dreamsはアルバム1曲目としては地味な感じもありますが、ジョーリンターナーの都会的で後期Rainbowな雰囲気が出た曲ですし、2曲目のThe Cut Runs Deepは都会的な後期Rainbowな雰囲気にジョンロードの存在感が出たRainbowとDeep Puepleのミックス的な曲。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー