Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Deep Purple / Deep Purple 素晴らしきアートロックの世界

第二期につながるサウンド

 第1期DeepPurpleの最後のアルバム。
 アートロックと言われている通り、幻想的でプログレッシブな雰囲気の系統。その中にリッチーのギターとイアンペイスのドラムがハードロック的に変化してきた感じがします。
 とは言いつつも第1期の主役はジョンロードな感じでオルガンを弾きまくり。

 The Painterでは第二期につながるようなオルガンのドライブ感とギターのロック感が聞けます。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー