The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Deep Purple / Deep Purple in Rock 第2期

第二期

 サードまでのアートロックな雰囲気とはガラッと異なります。
 が、それまでのイアンペイスのドラムやリッチーのギターを聞いているとハードロック路線になるのは明らかだったようにも思えます。

 ハードなギター、ドラム。シャウトするヴォーカル。スピード感のあるベース。欠かせないのがロックオルガン。

 1曲目のSpeed Kingからキラーチューン。イントロのパワー感、その後のスピード感、間奏でのギターとオルガンの掛け合いとカッコ良い要素満載。
 3曲目のChild in Timeは大作。オルガンでのイントロで静かに始まり徐々に盛り上がり。ヴォーカルの盛り上げがかっこ良い。間奏ではテンポアップして様式美的なギターソロ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー