Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Deep Purple / The Battle Rages On 第2期メンバー

第2期メンバー

 バンド結成25周年ということで第2期メンバーが集まって出したアルバム。このアルバムは発売日に楽しみにして買った記憶があります。
 第2期というとどうしてもMachine Head的な音を期待してしまうのですがこのアルバムはSlave and Masters的なちょっともっさりした感じを少しタイトにした雰囲気な気がします。
 1曲目のThe Battle Rages Onのタイトなユニゾンイントロを聞いた瞬間、期待していた第2期ではないなと察しましたがヴォーカルが入った瞬間にイアンギラン。
 あの頃ではないもののやっぱり第二期だなと。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー