Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

筋肉少女帯 / ステーシーの美術 保守安定

保守安定

 2年の活動休止後に出した10枚目のアルバム。
 メンバー曰く保守安定のアルバムだそう。
 メタル、ポップスとちょっとおかしな曲を織り交ぜた内容。このミックス具合が筋肉少女帯の保守安定なのかなとも思います。
 
 メタル部門に関しては、5曲目の再殺部隊なんかは橘高ギターを満喫できる1曲。
 結構耳に残るのは7曲目リテイクの大槻の語り。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー