Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

T.REX / The Slider 名盤

名盤

 前作でブギーなギターにだるそうなヴォーカル。それに怪しいコーラスとT.REXのグラムロック的な音のベースができた感じですが、この3枚目で完成した感じ。

 オープニングのMetal Guruこそポップな感じですが、4曲目のThe SliderがまさにT.rex。ボランブギーでしょうか。ハムバッカーの丸い音に力の抜けただるそうなヴォーカル。コーラスも結構重要で怪しい雰囲気を出すのに一役かっている感じ。

 T.REXのイメージって中性的というか2丁目的というか、怪しい妖艶な感じなのですが、そんな印象なのが7曲目のBuick Mackane。ガンスアンドローゼスもカバーしていましたか。

 キラーチューンはTelegram Samでしょうか。言わずと知れた代表曲。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー